【暴落注意】株主優待の廃止リスクを回避!危険な銘柄の特徴を知る

リスク管理

市場再編と株主優待の廃止

Question

優待廃止銘柄が増えてきたのはなぜ?

2022年4月の東証再編によって、プライム市場における株主数の基準が引き下げられました。

今まで東証一部を維持するために、又は東証一部へ昇格するために株主を集めていた企業は、株主優待を廃止してしまうかもしれません。

あふろん
あふろん

確かに株主優待をやってまで、株主をたくさん集めなくて良くなったもんね。

こころん
こころん

企業としても優待を廃止すれば、事業拡大へ投資したり、増配資金にもできるからなー。

優待廃止のダブルショック

株主優待は配当金と同じで、企業が株主に対して企業の利益を還元する優待制度です。

特に人気の高い銘柄の場合は、優待を目的に保有している個人投資家も多く、優待廃止になると一気に投資家が離れていってしまいます。

特に時価総額が低く業績がそこまで良くない企業なのに、優待人気で注目されているような銘柄は危険。

廃止になってしまうと、優待が貰えなくなるだけでなく、株価も一気に下ってしまうダブルパンチなので、とても辛い状況です…。

あふろん
あふろん

株主優待はなんかワクワクするし、お得な気持ちになれるから、日本は大好きなんだろうねー。

特に怪しい株主優待

株主優待の内容は企業によって自社製品やサービスの割引券、カタログギフト、QUOカードなど様々です。

自社製品やサービスの良さを実際に体験してもらい、ファンになってもらうために株主優待を出している企業もあれば、上場基準を満たすために株主集めを目的にしている企業もあります。

調達や配送に手間もかからず、シンプルに株主人気を狙っている「QUOカード」のような優待は、今回の市場再編である程度の優待廃止リスクを覚悟しておく必要がありそうです。

逆に自社製品を株主優待にしたり、長期保有制度を持っている企業なら、長期的に株主優待を継続しようとしている意思を感じます。

こころん
こころん

企業が何目的で優待制度をやってるかを推測することが重要やな。

東証市場再編の影響

株の買い時を考えるチャンネル
2021年5月23日公開
株主優待廃止? 自社株買いが増える?【これから始まる東証市場再編の影響】

QUOカード優待の廃止を体感

学びと体験

2022年に入ってからもQUOカードを優待にしていたTOYO TIRE(5105)や、ギフト券のフジ・コーポレーション(7605)など、株主優待を廃止した企業が増えてきています。

中でも驚きだったのが、カタログギフトの優待が個人投資家から大人気だったオリックスの優待廃止

東証再編によるプライム市場の基準だけでなく、単純に株主優待という制度をやめて、配当金で還元していこうとする企業が増えてくるのかもしれません。

リスク管理
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ