【要注意】株主優待の廃止リスクを回避!危険な銘柄の特徴を知る

リスク管理

市場再編と株主優待の廃止

Question

株主優待の廃止リスクに注意したい銘柄の特徴は?

2022年4月東証の市場再編では、プライム市場の条件において株主数の基準が低くなります。

今まで東証一部を維持、又は鞍替え市場変更をするために、株主数を増やす目的で株主優待を実施していた企業は、市場再編を機会に廃止してしまうかもしれません。

あふろん
あふろん

確かに株主優待は個人投資家を集める絶好の手段だもんね。

こころん
こころん

企業としても優待を廃止すれば、事業拡大へ投資したり、増配資金にもできるからなー。

優待廃止のダブルショック

株主優待は配当金と同じで、企業が株主に対して、企業の利益を還元する優待制度です。

そんな魅力的な株主優待を目的に保有している個人投資家も多く、優待廃止になると、一気に投資家が離れていってしまいます。

廃止により優待が貰えなくなるだけでなく、株価も一気に下ってしまうのがダブルショックでとても辛いので要注意…。

あふろん
あふろん

株主優待はなんかワクワクするし、お得な気持ちになれるから、日本は大好きなんだろうねー。

特に怪しい株主優待

株主優待の内容は企業によって自社製品やサービスの割引券、カタログギフト、QUOカードなど様々です。

自社製品やサービスの良さを体験させてファンになってもらうために株主優待を出している企業もあれば、上場基準を満たすために個人投資家を集めることを目的にしている企業もあります。

調達や配送に手間もかからず、シンプルに株主人気を狙っている「QUOカード」のような優待は、今回の市場再編である程度の優待廃止リスクを覚悟しておく必要がありそうです。

こころん
こころん

企業が何目的で優待制度をやってるかを推測することが重要やな。

東証市場再編の影響

株の買い時を考えるチャンネル
2021年5月23日公開
株主優待廃止? 自社株買いが増える?【これから始まる東証市場再編の影響】

QUOカード優待の廃止を体感

学びと体験

まさに、今年保有していたソーシャルワイヤー(3929)が、決算説明で株主優待廃止を発表。決算はそこまで悪くなかったのに、翌日は約10%の急落でした。

やはり、QUOカード系の優待銘柄には気をつけておこうか…

でも、逆に考えればQUOカードで株主数を集めて、市場の鞍替えを狙っていると考えれば、リスクはあるけど向上心の高い企業と言えるかもしれない。

リスク管理
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ