日本と比べてやっぱり強い!右肩上がりの米国インデックス

米国ETF投資

投資マネーの流れを読む

30年ぶりの日経平均3万円にタッチした日本市場。同じ30年でもアメリカのS&P500は12倍の成長を遂げています。さすが世界の経済を牽引してきた大国ですね。
 
これが続く保証はないけど、人口も経済も伸びている市場に投資するのは当然の判断。簡単に海外へ投資できる時代だからこそ、広い視野で投資先を考えたい。
こころん
こころん

ここ10年近くで米国株に簡単に投資できる証券会社がめっちゃ増えてきたもんなー。

あふろん
あふろん

AppleとかMicrosoftみたいに、日本でも有名で投資してみたい企業はたくさんあるもんね。

こころん
こころん

米国の個別株投資もありやけど、右肩上がりで伸び続けてるアメリカ経済全体に投資する方がリスクは低いよな。

あふろん
あふろん

インデックスの投資信託とかETFってことか。確かにあらゆる銘柄に分散できるのは安心。

あふろん
あふろん

アメリカのインデックスファンドは規模も大きいし、手数料もかなり低いからイイよね。

こころん
こころん

最近日本でも人気があるのは、ウォーレン・バフェットもおすすめしていたS&P500インデックスやな。

あふろん
あふろん

外国だから景気動向やニュースの情報は少ないのは少し不安。

あふろん
あふろん

でも今は日本語の情報サイトも多いし、積み立て投資にすれば景気変動のリスクも分散できるから問題ないか!

こころん
こころん

今後も伸び続けるかは分からんけど、複利の力を使って米国インデックスに積み立てるのはアリやな。

毎月3万円の米国つみたて投資

上岡正明【MBA保有の脳科学者】
2021年3月6日公開
【本の要約超訳】米国つみたて投資!毎月3万円で「プライベート年金」をつくる(著:太田創)をビジネス書評

日本か米国かそれ以外か

株式投資を始めてからの20年間で日本だけに投資し続けてきたことは、結果で考えれば失敗でした。一番大きな失敗は日本株以外のことを知ろうとしてなかったこと。

最近になってようやく色んな投資を勉強するようになりました。実践で使うかどうかより、状況に合わせて自分が変化できる選択肢を増やすために、幅広い知識を学んでおくことは大事ですね。

アメリカは人口も株価も右肩上がり
S&P500で有名な企業全体に投資
日本市場以外の投資先を経験しておく

コメント 記事に関する投稿はコチラ