【常勝運用】右肩上がりの米国インデックス投資!広がる選択肢と戦略の幅

米国ETF投資

米国インデックス投資とは

Question

国内株式と一緒に考えたい米国インデックス投資とは?

米国インデックス投資とはNASDAQやS&P500など市場全体の動きを表す指標に連動するアメリカの投資信託への投資です。

アメリカには世界三大運用会社と言われるブラックロック、バンガード、ステート・ストリートがあり、米国市場で様々なETF(上場投信託)が取引されています。

簡単に海外へ投資できる時代だからこそ、広い視野で投資先を考えるようにしたい。

こころん
こころん

国内のETFもあるけど米国ETFに比べたら、規模も種類もまだまだやもんな。

あふろん
あふろん

米国ETFは規模が大きいから、経費率もかなりローコストなんだよね。

絶好調だったアメリカ市場

2021年に30年ぶりの日経平均3万円を回復した日本市場ですが、米国代表する指標S&P500は、これまでの約30年で株価はなんと12倍に伸び続けています。

成長が今後も続く保証はないけど、人口も経済も伸びている大国市場へ投資するのは当然検討すべき選択肢だと思います。

あふろん
あふろん

右肩上がりのアメリカ経済全体に投資するなら、バンガードのVTIかな。

米国ETFの強み

インデックス以上のリターンを目指すアクティブファンドは大きな利益も期待できますが、経費率も高くリスクは大きくなってしまいます。

つみたてNISAを使った資産形成や、iDeCoで老後に備えるなら、リスクより安定したリターンを求めたい。

それなら、長期的に伸び続けてくれる期待があって、米国S&P500の500銘柄に投資できるVOOや、全世界約9,000銘柄へ最高峰の分散になるVTは、リスクを抑えた勝てる投資先と言えそうです。

こころん
こころん

米国のインデックスファンドは規模がでかいから経費率はかなり低いで!

毎月3万円の米国つみたて投資

上岡正明【MBA保有の脳科学者】
2021年3月6日公開
【本の要約超訳】米国つみたて投資!毎月3万円で「プライベート年金」をつくる(著:太田創)をビジネス書評

日本か米国かそれ以外か

学びと体験

株式投資を始めてから日本だけに投資し続けてきた20年間、結果で考えれば失敗だったような気がします。

一番の反省は日本株以外のことを知ろうとしてなかったこと。

最近になってようやく色んな投資を勉強するようになりましたが、実践で使うかどうかより、状況に合わせて自分の選択肢を増やすために、幅広い知識を学んでおくことは大切ですね。

米国ETF投資
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ