【相場の流れ】8月は夏枯れ相場!投資家は次の買い時を静かに待つ時

相場
Question

8月の相場は?買い時?売り時?

一般的に8月は「夏枯れ相場」と呼ばれており、夏季休暇の前に保有株を手仕舞いしたり、市場参加者減少することで、出来高や株価に勢いがない相場と言われています。過去の株価を見ても、枯れている年が多く、相場のアノマリーになっているようです。

夏枯れ相場の8月は様子見

あふろん
あふろん

1年間の中でも8月は最も出来高が少なくなる傾向らしいね。

あふろん
あふろん

海外投資家も夏季休暇に入るし、日本人はお盆休みがあるから、市場参加者が少ないんだって。

こころん
こころん

出来高少ないとゆーことは、ちょっとしたネガティブな流れでも、株価は大きく下がりやすいし。

あふろん
あふろん

理論では説明できないけど、規則性のある相場を「アノマリー」って言うんだって。

こころん
こころん

夏枯れ相場って言葉を聞いて売買を控える投資家もおるから、より枯れていくんやろな…。

あふろん
あふろん

相場を動かすのは投資家心理だもんね。

こころん
こころん

あまり気にはしないけど「8月は夏枯れ相場」ってゆー傾向があるコトだけ覚えとこ。

夏枯れ相場の動き方を研究

草食系投資家LoK Re:
2021年8月17日公開
【8月17日のゆるっと相場解説】日経平均株価は暴落か耐えるかの正念場!夏枯れ相場の動き方を研究!投資の勉強

2021年の8月は夏枯れ相場

今年8月の国内市場は見事に夏枯れ相場で、オリンピックやコロナワクチンの普及、米国テーパリングの予兆など、そこそこイベント的には強いのに、株価の動きは小さくまとまってました。ここから、投資家が動き始める9月相場!賑やかに盛り上がって欲しい。

8月は夏枯れ相場のアノマリー

出来高も株価の勢いも弱い傾向

相場を動かすのは投資家心理

コメント 記事に関する投稿はコチラ