こころもあふろん

指標

【株価指標】PERの業種別一覧!純利益と株価の関係から割安さを分析

PER(Price Earnings Ratio)は日本語で株価収益率。企業の利益に対して、今の株価が割高なのか、割安なのかを測ることができる、株式投資で最もポピュラーな指標です。
指標

【トレンド指標】ボリンジャーバンドを知る!テクニカル分析の第一歩

相場の振れ幅を表す指標がボリンジャーバンド。今の株価が基準からどれだけ離れてるかをチャートで見ることができます。受験の合格ラインとかで使われてた偏差値と一緒。チャートの画面で見ると帯状になっていて、確率的に95%の株価はこの中に収まるという統計的なもの。テクニカル分析の本に必ず最初の方に出てくる指標ですね。
リスク管理

【最大の試練】誰もが悩む損切りのタイミング!今から備える善後策

株式投資をしている以上、必ず訪れるのが分かっていても難しい損切りのタイミング。普段から保有株以外で次に投資したい有望株を見つけておくことが、今すぐにできる大切な備えになります。
iDeCo

【大前提】iDeCoの口座は1人につき1つ!失敗しない証券会社の選び方

2001年からスタートしたiDeCo「個人型確定拠出年金」は、節税をしながら自分で積み立てる手作り年金制度です。そんなiDeCo口座を証券会社を選ぶ上で、気にしておきたい大事なポイントは以下の2つ。①口座管理料が安いこと②信託報酬料の安い投資信託があること
小型成長株・グロース株投資

【究極の二択】小型株集中投資の分かれ道!守りの割安株と攻めの成長株

小型株の中でも割安株への投資は、本来の企業価値より株価が低い状態で買って、株価の回復と企業の成長を両方期待できます。対して成長株への投資は、PERが高くても業績も絶好調なら、5倍・10倍といった爆発的な株価高騰に夢を持つことができます。同じ小型株でも割安株か成長株かで、リスクもリターンも全く違う投資になることは理解しておきたい。
優待株生活

【10万円未満】メガネスーパーの割引券!10月優待銘柄のエース的存在

ビジョナリーホールディングスの株主優待はメガネスーパーなどのグループ店舗で使えるメガネレンズ仕立券11,000円相当を2枚。さらに最新機器で目の状態を調べてくれるトータルアイ検査のプレミアムコース券4,400円相当を2枚、10分間のリラクゼーション券1,100円相当を2枚も一緒
イベント投資

【裏の道】初心者が勝つために!人気優待銘柄株の先回りイベント投資

人気の優待銘柄は受け取り権利が確定する「権利付き最終日」に向かって、株価は上昇する傾向にあります。その銘柄を先回りで保有しておき、株価が上がり切る権利付き最終日より前に売ってしまうのが、人気優待銘柄の先回りイベント投資です。
iDeCo

【新ルール】iDeCoの年単位拠出!利用したくても躊躇する高い壁

iDeCoは基本的に毎月定額を積み立てる手作りの年金制度。2018年以降は毎月定額ではなく、毎月の拠出額を調整できるようになりました。ただ、このしくみを活用するためには面倒な障壁がいくつもあり、使えるとは言い難い状況なのが正直なところです。
高配当株投資

【不労所得】コツコツと育てる高配当株投資!ザクザク湧き出る配当金

配当利回りの高いポートフォリオを目指す高配当株投資。株主への還元意識の高い企業へ資産を託し、株価と増配で育っていくことを期待します。配当金は金融資産が生み出す完全な不労所得。生活を豊かにしてくれるお金のなる木が最大の魅力です。
iDeCo

【ルール変更】2022年のiDeCo改良!人生100年時代で増えた選択肢

iDeCoへ拠出できる掛け金の限度額は職業や公的年金・企業年金への加入状況によっても異なります。月額の目安として12,000円から68,000円と幅があるため、自分の掛け金限度額は知っておきたい。また、毎月の最低拠出額は5,000円になっています。
配当金生活

【ハウマッチ】幸せな配当金生活に必要な資金!お金のなる木の選び方

毎年1000万円以上欲しい人、毎月の小遣いが3万円増えると幸せな人。働きたい人、働きたくない人。家族がいる人、独身が好きな人。みんなそれぞれ幸せの価値観は違います。まずは、毎年いくらあれば幸せな生活になるかを明確にすることがスタートです。
NISA・つみたてNISA

【ルール説明】新NISAの一階部分をつみたてNISAへロールオーバー

2024年からのNISAは、投資信託の一階20万円と、それ以外の二階102万円に別れます。5年間運用して満了になった一階部分に限り、つみたてNISAへ「簿価」でロールオーバー可能。まだ先の話ですが、NISA投資の選択肢として覚えておきたいポイントです。
投資教育

【お金の教育】子供に残したい投資の知識!楽しさと大切さを伝える方法

我が子に残したい株式投資の楽しさと大切さ。この2つは自分の経験と結果で、子供が成人するまでに伝えていきたい。小さな時から株主優待や配当金を身近に感じてもらうために、株式をプレゼントする。親子で投資について話せる環境づくりが大切ですね。
iDeCo

【ルール説明】毎月12,000円?職業で異なるiDeCo掛け金の限度額

iDeCoへ拠出できる掛け金の限度額は職業や公的年金・企業年金への加入状況によっても異なります。月額の目安として12,000円から68,000円と幅があるため、自分の掛け金限度額は知っておきたい。また、毎月の最低拠出額は5,000円になっています。
iDeCo

【効果抜群】iDeCoの節税メリット!自分で積み立てる手作りの年金

人生100年時代とも老後2,000万円問題と言われる今の時代。老後の備えが目的なら、iDeCoは投資の選択肢。60歳まで引き出せない制限はあるものの、掛け金も運用益も非課税になる節税メリットは魅力的。政府が推進する自分で積み立てる手作り年金です。
NISA・つみたてNISA

【ルール説明】一般NISAから新NISAへのロールオーバーのしくみ

NISAは5年間の運用益が非課税になる制度。2024年からは新しいNISAへ移行しますが、一般NISAで5年間の運用を終えた資金を、新NISAへ移せるしくみがロールオーバーです。新NISAの投資枠122万円を超える金額でもロールオーバーできるのがポイントです。
NISA・つみたてNISA

【投資の選択】短中期で勝負する新NISA⇔長期で安定のつみたてNISA

2024年からNISA制度が新しくなります。新NISAは2028年まで、条件付きで毎年122万円を5年間、つみたてNISAは2042年まで、毎年40万円を20年間運用できます。どちらも運用益に掛かる20.135%の税金が全て非課税。国を挙げての節税キャンペーンです。
ツール

【神アプリ】高配当株投資にうってつけ!ポートフォリオの配当管理

取得銘柄の株数を登録すれば、ポートフォリオとして配当金の総額や毎月の入金額が見れます。保有株全体の配当利回りも一目瞭然。さらに、取得額に対する配当利回りまで分かるので、増配によってポートフォリオが育つ喜びを感じられる神アプリです。
ツール

【優良ツール】株探の株価注意報!今年絶好調な成長株の見つけ方

株式投資の情報サイト『株探』にある株価注意報という機能。今年一番高い株価を付けた年初来高値更新銘柄がワンクリックで一覧表示でき、各企業の業績推移が見やすくまとまっているため、今年の株価絶好調銘柄を探すのに最適な情報ツールです。
米国ETF投資

【AGG】簡潔紹介!米国総合債権ETFで理想のアセットアロケーション

AGGはiシェアーズ・コア・米国総合債権。アメリカの優良な債権9,000本以上、約7割が格付けAAAで構成されている安定感の高い米国ETFです。大きな値上がりは期待できなくとも、低い経費率で不景気にも強く、インカムゲインによる利益に期待できます。
小型成長株・グロース株投資

【株ドリーム】一攫千金を狙う小型株集中投資!銘柄選びのポイントが鍵

急成長を期待する企業に資金を集中して投資するのが小型株集中投資。当然、ハイリスクハイリターン。余裕資金の中で最大級のチャレンジをする投資スタイルです。
FIRE

【幸せな人生】実感!40歳からFIREを目指して得られるリターン

これまでに得たのは勝つために勉強して戦略を練って勝負する楽しい毎日。これが最高の趣味になりました。これから得たいのは家族が幸せになる資産収入と老後の安心。人生の半分は労働に縛られない自由な生活がしたい。そんな夢も得たもののひとつ。
米国ETF投資

【伝家の宝刀】初心者が99%勝つ!インデックス投資の真似るテクニック

インデックスとは景気や市場全体の動きを表す指標。その指標に連動する投資信託やETFを積み立てることで、銘柄やタイミングを分散するのが積立インデックス投資です。
長期割安株・バリュー株投資

【王道の戦術】割安株に長期投資!必ず通過する原点にして最強のスタイル

安く買って高く売ることで収益が生み出す株式投資。自分が考える価値より世間の評価が低い割安株を評価が上がるまで保有し続けるのが割安株の長期投資です。投資の神様ウォーレン・バフェットも実践する、リスクを抑えて勝利を掴む最強の投資法です。
心構え

【厳守】初心者こそ実行したい!失敗しても成長できる株式投資のルール

投資を始めると必勝法やお宝銘柄と言った情報に山ほど出会うことになります。もちろん色んな情報を集めて参考にするのは凄く大事。でも、最終的に行動するのも、結果が返ってくるのも自分。失敗を成功に繋げる為の絶対ルールは必ず自分で決めること!
FIRE

【40代から】少額資金でも短期間でFIREを目指す!株式投資の戦い方

短期間で資産を大きくするためには、リスクを承知でハイリターンな投資スタイルで戦うこと。そして、本業以外で稼ぐ力を身に付けること。家族を養うための生活費ではなく、少額の余力資金なら、何度チャレンジしても人生にダメージはないですから。