ボリンジャーバンドは相場の振れ幅を表す統計的な指標

指標

ボリンジャーバンドを知る

相場の振れ幅を表す指標がボリンジャーバンド。今の株価が基準からどれだけ離れてるかをチャートで見ることができます。受験の合格ラインとかで使われてた偏差値と一緒。
 
チャート画面では帯状になっていて、確率的に95%の株価が∓2σのバンドの中に収まるという統計的なもの。テクニカル分析の本に必ず最初の方に出てくる指標ですね。
こころん
こころん

ボリンジャーバンドは1980年にボリンジャーさんが考えた指標なんやって。

こころん
こころん

株式投資やってると良く聞く指標だよね。それだけ有名やし、みんなに使われるってことかな。

あふろん
あふろん

難しそうな計算式だけど、株価の振れ幅が見れる指標。株価の偏差値かな。

こころん
こころん

バンドの幅が狭くなってる時は変動が小さくて、広い時は株価の動きが激しい時期ってゆーことやな。

こころん
こころん

あと、チャートに表示するボリンジャーバンドは、±1σ・±2σ・∓3σを選択できるよな。

あふろん
あふろん

一般的には±2σがよく使われてるよ。株価の95%が±2σのバンドの中に収まるってことだね。

あふろん
あふろん

±1σの中には68%±3σの中には99%以上が統計的に収まるようになっているのがボリンジャーバンド。

こころん
こころん

株価の変動幅やったり、上がり過ぎ下り過ぎが見えるから、色んなことに使えそうやな。

あふろん
あふろん

具体的に何かの判断に使わなくても、チャートに表示しておくだけで、何か気付きのヒントになるかもね。

ボリンジャーバンドを極める

海沼みつしろ
2020年3月4日公開
ボリンジャーバンドの基礎から超実践的な使い方まで徹底解説!【永久保存版】

使いどころは人それぞれ

ボリンジャーバンドは投資家によって色んな使われ方をしている指標という感じがします。トレンドの強さを測ったり、転換点を見つけたり、利確のタイミングとして使ったり。

まだ自分の中でもベストな使い方は見つかっていません。でも、ボリンジャーバンドがどういう指標なのかは理解して、チャートに表示しておけば、少しずつ自分なりの感覚が身に付きそうな気がしてます。

相場の振れ幅を表す指標
±2σの中に95%
人それぞれ色々な使われ方をする指標

コメント 記事に関する投稿はコチラ