【トレンド指標】ボリンジャーバンドを知る!テクニカル分析の第一歩

指標

ボリンジャーバンドとは

Question

テクニカル分析で使われるボリンジャーバンドって何?

株価チャートの画面に表示をして、相場の方向(トレンド)と振れ幅(ボラティリティ)を同時に見ることができるボリンジャーバンド。

相場の振れ幅はバンドの広がりで表され、トレンドの発生や終わりを予測するために使われる指標です。

あふろん
あふろん

テクニカル分析で使うトレンド系の指標に分類されるんだね。

こころん
こころん

名前の通りバンド型になってるのが特徴やな。

ボリンジャーバンドの考案者

ボリンジャーバンドは1980年代前半に、ジョン・ボリンジャーさんが考案した指標。

株式投資では必ずと言っていいほど耳にするテクニカル分析の指標で、各証券会社のチャート画面にもほぼ100%実装されています。

あふろん
あふろん

ボリンジャーって人の名前だったのかー。

ボリンジャーバンドの構成

ボリンジャーバンドは上部バンド、下部バンド、単純移動平均線の3つで構成されています。

上部・下部バンドは標準偏差のラインになっていて、チャートツールでは±1σ・±2σ・±3σなどから選ぶのが一般的。

一般的に良く使われている±2σは、株価の95%が標準偏差±2σのバンドの中に収まるということを表します。

ちなみに、±1σの中には68%、±3σの中には99%以上が統計的に収まるというのがボリンジャーバンドの意味になります。

こころん
こころん

表示するバンドごとに、ちゃんと意味を知っとかんとあかんな。

危険な使い方

上部・下部バンドは受験の合格ラインで使われている偏差値のように、今の株価が基準からどれだけ離れてるかを表しています。

上部バンドを超えたら買われ過ぎ、下部バンドを超えたら売られ過ぎと考えて、逆張りをしてしまうのは危険

株価はサプライズで急騰する時も、ショックで暴落する時もボリンジャーバンドの±2σを超えてきますが、そんなタイミングで逆張りをする投資家は無謀です。

あふろん
あふろん

暴落時は「落ちてくるナイフを掴むな」だもんね。

様々な使い方

トレンドが強い時ほど効果を発揮するような、別のインジケーターと組み合わせて使う方法

大きなトレンドの中で一時的な戻しに対して、逆張りからのトレンドフォローを狙う手法

ボリンジャーバンドの使い方を調べていると、本当に色んな考え方や手法が紹介されていて、学べば学ぶほどあらゆる局面で対応できそうな気がします。

こころん
こころん

ボリンジャーバンドってめっちゃ深くて実践的な指標やったんやな。

ボリンジャーバンドを極める

海沼みつしろ
2020年3月4日公開
ボリンジャーバンドの基礎から超実践的な使い方まで徹底解説!【永久保存版】

使いどころは人それぞれ

相場の方向(トレンド)と振れ幅(ボラティリティ)を同時に見ることができ、様々な考え方や手法があるので、具体的な使い方を1つ1つ掘り下げて学ぶ価値ある指標がボリンジャーバンドです。

指標
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ