【米国ETF】ブラックロックのAGG!米国総合債権で理想の資産配分を実現

米国ETF投資

米国ETFのAGGとは

Question

米国ETFのAGGって何?

ブラックロック社が提供・運用するAGG(iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF)は、アメリカの債権に投資できる米国ETF。

米国の優良債権10,000本以上、約7割が信用格付けAAAで構成されているため、安定感バツグンな分散投資ができる商品です。

あふろん
あふろん

米国債権のETFって手堅いイメージがあるよね。

こころん
こころん

債権は株式投資のヘッジにも有効やしな。

AGGの概要

商品名称:AGG
運用会社:ブラックロック
純資産額:800億ドル
設定日付:2003年9月22日
投資対象:米国債権
組入銘柄:約10,543銘柄
分配利回:2.37%
経費率:0.04%

※2022年11月28日時点の銘柄情報

AGGは純資産総額800億ドルと超大型で、運用するのも世界最大級の運用会社ブラックロックです。

あのバンガードが運営する全世界株式VTの純資産総額でも250億ドル程度なので、それと比べてもかなりの安定感がありそう。

リーマンショック時もコロナショック暴落相場でも、下落率は5%に収まりながら、分配利回りが2%前後もあるところが、世界中の投資家が安定感を求めてアセットアロケーションに組み込む理由ですね。

大きな値上がりは期待できなくとも、低い経費率で不景気にも強く、インカムゲインによる利益に期待できそうです。

こころん
こころん

経費率が0.04%ってゆーのも最強の魅力やな!

類似商品との比較

バンガード社が提供・運用するBNDも、純資産総額も835億ドル、組入銘柄数10,167銘柄、経費率も0.03%とAGGに負けず劣らず。

かなり対等したスペックになっているので、米国債権に投資したい時は、バンガードとブラックロックどちらを贔屓するか…くらいの気持ちで選んで良さそう。

唯一ネガティブな要素を挙げるとすれば、絶好調の米国でもこの18年間でトータルリターン2倍程度と大きな値上がり益までは期待できないところ。

投資信託で債権に投資するなら、組入銘柄数や構成されている債券格付けとしては分散力・安定力に劣りますが、eMAXIS Slim先進国株式が信託報酬料も安くて定番の商品です。

あふろん
あふろん

銀行に定期貯金するくらいなら債権ETFの方が絶対に良いでしょ。

お金が増える米国債権

両学長 リベラルアーツ大学
2021年1月25日公開
【米国総合債券ファンド】AGGは初心者でも投資しやすい鉄板の債券ETF【株式投資編】:(アニメ動画)第49回

アセットアロケーションの配分

学びと体験

資金が少ない今は株ほぼ100%の状態なので、資産が大きくなってきたら債権を少しずつ組み入れていきたい。

今は日本もアメリカも超低金利状態で、これから金利が上がっていくことを考えると、債権ETFの買い時は次の金利下落局面が見えてきた頃がいいかなー。

米国ETF投資
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ