【狙い撃ち】テンバガーを掴む!10倍株が多い業種を選んで確率アップ

小型成長株・グロース株投資

テンバガーの多い業種

見出し

直近の10年間でテンバガーが多かった業種はどこ?

直近の10年間でテンバガーが多かった業種は情報通信業、次に小売業サービス業ということです。

少ない資産で大きな資産を築くために小型株に投資しているからには、テンバガーの確率が高くなるように業種を選択していきたい。

あふろん
あふろん

銘柄の業種かぁ…あんまり気にしてなかったぁ。

こころん
こころん

業種にも景気・不景気や成長性の違いもあるし、せっかくやったら10倍株の可能性が高い方がええもんな。

情報・通信業の飛躍

情報・通信業では10社中1社が10倍株になってると聞くと、なんとなくテンバガーが近く感じます。

土地や不動産、大きな在庫を抱えることが少ないからこそ、利益率の高いビジネスで売上の成長が見込めれば、PBR・PBRの水準を大きく超えて投資家の期待は集まるのが情報・通信業の特徴。

それだけ株価の変動幅も大きく、まだまだ不安定な新興銘柄が多いので、テンバガーを狙うなら、ある程度のリスクを負う覚悟は必要です。

あふろん
あふろん

配当金とか手堅い利回り狙ってるなら、他の業種の方がいいだろうし、投資の目的次第だよね。

テンバガーに絡むキーワード

この10年間は急成長銘柄が多かった情報・通信業かもしれませんが、これからもどの業種から10倍株が誕生しているかはチェックし続ける必要がありそうです。

DX・AIなど最新技術で全ての業種にイノベーションを起こす時代。

最新テクノロジーによってビジネスの変革が起きるからこそ、既存の業種の中からも、新たらしい事にチャレンジする変化に強い企業には注目したい。

こころん
こころん

10倍株が誕生した業種を、定期的に統計取るのはありやな。

超簡単10倍株投資法

日本株チャンネル【坂本彰】
2021年3月23日公開
次の10倍株を超簡単に発掘する方法と10倍株が多く誕生する業界ベスト3発表

テンバガーの条件選び

学びと体験

今の保有銘柄は、情報・通信4銘柄、不動産業1銘柄、小売業1銘柄、サービス業1銘柄と、かなり意識的に10倍株を取りに行くポートフォリオ

この先も情報・通信業でテンバガーが出続けるかどうか分からないけど、今は情報・通信、小売業、サービス業を軸にしながら銘柄を選んでいます。

コメント 記事に関する投稿はコチラ