高確率で『10倍株』を掴む方法!業種選びがテンバガーのカギを握る

小型成長株・グロース株投資
見出し

高確率で10倍株を掴む方法は?

直近の10年間で10倍株が最も多かった業種が情報・通信、次に小売業サービス業。テンバガーを狙うなら、少しでも確率が高くなる投資すべき。業種選びもその1つです。

テンバガーなら情報・通信

あふろん
あふろん

銘柄の業種かぁ、あんまり気にしてなかったけど、なんとなく片寄ってた気がする。

こころん
こころん

自分が関わってる業種は、企業の情報とかニュースに触れる機会も多いからな。

あふろん
あふろん

この10年で一番テンバガー多かったのは情報・通信でしょ。

こころん
こころん

テンバガーを狙うなら、やっぱり確率の高い業種を狙って投資するべきやろ。

あふろん
あふろん

投資の目的次第だよね。配当金とか手堅い利回り狙ってるなら、他の業種の方がいいだろうし。

あふろん
あふろん

AIで全業界のビジネスが変革してるし、テンバガーが出やすい業種も変わってくるかもね。

こころん
こころん

常にテンバガーになった銘柄の業種はチェックやな。

超簡単10倍株投資法

日本株チャンネル【坂本彰】
2021年3月23日公開
次の10倍株を超簡単に発掘する方法と10倍株が多く誕生する業界ベスト3発表

情報通信の勢いは続くのか

今の保有銘柄は、不動産業3銘柄、情報・通信1銘柄、サービス業1銘柄、卸売業1銘柄。不動産投資をしているだけに、身近に感じてしまう不動産業が多過ぎだな…。見直さねば。

情報・通信に10倍株が多い

次にサービス業・小売業も注目

今後もテンバガー銘柄の業種をチェック

コメント 記事に関する投稿はコチラ