信用取引

信用取引

【秘技】つなぎ売りでお得に受け取る株主優待!手順とメリットを知る

つなぎ売りとは株価下落を気にせずに、株主優待が受け取れるテクニック。株主優待の権利を獲得するための現物と、同じ株数だけ空売り(信用売り)をしておけば、株価の変動は気にせず、株主優待だけ貰えるというのが、つなぎ売りのメリットです。必要コストは取引手数料と貸株料になります。
信用取引

【裏ワザ】信用口座限定!楽天証券で売買手数料を『無料』にする方法

楽天証券の「いちにち定額コース」では、1日あたり現物取引100万円までは取引手数料『無料』になっています。そして、楽天証券の信用取引「いちにち信用」なら50万円以上の信用買いで手数料無料です。つまり、楽天証券なら「いちにち信用」で50万円以上を信用買いして、その信用建玉を当日中に「現引き」すれば、手数料無料で現物が手に入ります。
信用取引

【信用取引】買い残・売り残とは?株価に与える影響と使い方を考える

買い残は信用取引で買われているその銘柄の株数、売り残は信用取引で空売りされている株数です。一般信用取引も含めた数値を、毎週第二営業日に証券取引所が公表しています。
信用取引

【信用取引】逆日歩は制度信用の空売りで発生!費用リスクの回避方法

逆日歩は制度信用で空売りする時に発生する可能性のあるコスト。空売り銘柄の不足している状況に応じて、逆日歩の金額は変動します。取引できる銘柄に限りはありますが、一般信用の空売りであれば逆日歩は発生しません。
信用取引

【基礎知識】制度信用と一般信用の違いや使いどころ!色々ある信用取引

制度信用の場合は、証券会社の株式が不足すると、日本証券金融株式会社が機関投資家から株式を借りて、それを証券会社を通じて投資家に貸し出してくれるしくみになっています。一般信用の場合は、証券会社との間で株式を貸し借りするだけなので、取り扱い銘柄が限定されるデメリットはありますが、返済期限や手数料など、証券会社によって色んなバリエーションがあります。
信用取引

【基礎知識】信用取引を学ぶ!メリットは空売り戦略とレバレッジ効果

元手資金の3.3倍までトレードできるサービスが信用取引です。そのレバレッジ効果も魅力ですが、空売りによる戦略の広がりが大きなメリット。信用取引を効果的に使って戦略の幅を広げることも、株式投資の武器になっていきます。
信用取引

【空売りの銘柄選び】一部の資金を割高銘柄のスイングトレード

株価の下落が続いて「もうすぐ底だろうと思ってもまだ下がる」「まだ下がるかもと思った時が底かも」という格言。『もうはまだなりまだはもうなり』を心に掛け、もう・まだと思った時に、本当にそうなのかを冷静に考えるきっかけになれば。