信用取引

信用取引

【空売りの銘柄選び】一部の資金を割高銘柄のスイングトレード

株価の下落が続いて「もうすぐ底だろうと思ってもまだ下がる」「まだ下がるかもと思った時が底かも」という格言。『もうはまだなりまだはもうなり』を心に掛け、もう・まだと思った時に、本当にそうなのかを冷静に考えるきっかけになれば。
信用取引

株主優待をお得にもらう『つなぎ売り』とは?仕組みやメリットを知る

権利落ち日後に発生する株価下落を気にせず株主優待がもらえる方法。同時に現物買いと空売りをして、権利落ち後に現渡し取引。取引手数料と貸株料がコストになります。
信用取引

取引が100万円以上でも手数料『無料』になる方法!楽天証券の裏技

楽天証券の『いちにち信用』なら100万円以上の信用買いで手数料無料。その信用建玉を当日中に現引きすれば、取引手数料0円で現物が手に入ります。現引きし忘れには注意。
信用取引

信用取引の『買い残・売り残』とは?株価に与える影響や使い方

買い残はその銘柄が信用取引で買建てされている株数、売り残は売建てされている株数。一般信用取引も含めた数値を、毎週第二営業日に証券取引所が公表します。
信用取引

制度信用取引の空売りで発生する『逆日歩』とは?一般信用で逆日歩回避

逆日歩は制度信用取引で空売りする時に発生するコスト。空売り銘柄が不足している場合に応じて金額も変わります。また、一般信用取引で逆日歩は発生しません。
信用取引

色々ある信用取引の種類!制度信用と一般信用の違いや使いどころ

制度信用は証券取引所で銘柄が決まっていて、返済期間が6ヶ月、どの証券会社も同じ条件です。対して一般信用は各証券会社のルールで期間や手数料が決められた取引です。
信用取引

信用取引の基礎知識を学ぶ!メリットは空売り戦略とレバレッジ効果

渡辺清二さんの「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」では、①4年で売上2倍、②営業利益率10%以上、③オーナー経営、④上場5年以内。あとは小型株か。