相場

相場

【相場の神秘】新月・満月の周期を見る!シンクロする天体と株価の不思議

新月・満月といった天体周期と株式相場に直接的な関係性はありませんか、「新月に底」「満月に天井」というアノマリーは存在します。アノマリーがあるということは、それを目安に売買する投資家もいるので、あながち無関係とも言えません。
相場

【5月の相場】売り時はセル・イン・メイ!5月に売って9月に市場へ戻る

理論的な根拠があるわけでなく、過去の傾向から見える相場の規則的な動きを「アノマリー」と呼びます。5月に売れ!というセル・イン・メイ。年間を通して5月に高値をつけやすく、8月に底になる傾向があるから「5月に売って9月に買い戻しましょう」ということです。
相場

【7月の相場】勢いの弱い夏枯れ相場!投資家は次の買い時を静かに待つ時

一般的に8月は「夏枯れ相場」と呼ばれており、夏季休暇の前に保有株を手仕舞いしたり、市場参加者が減少することで、出来高や株価に勢いがない相場と言われています。過去の株価を見ても、枯れている年が多く、相場のアノマリーになっているようです。
相場

【相場を読む力】投資部門別売買状況という指標!外国人投資家の動向を知る

日本の株価市場において外国人投資家の売買シェアは約6〜7割を占めるそうです。ちなみに、国内の個人投資家が2〜3割、残り1割が法人や証券会社。外国人投資家の動向が見える「投資部門別売買状況」を見ることが、相場の動きを読むヒントになりそうです。