テクニカル分析

テクニカル分析

【テクニカル分析】ストキャスティクスで買われ過ぎ・売られ過ぎを判断

ストキャスティクスは現在の株価が設定期間の変動幅のどのあたりに位置するかを表す指標。現在株価の位置を示す%Kと、その%Kを移動平均線にした%Dの2本のラインが使われます。一般的には%Kは14日、%Dは3日で設定されることが多いようです。
テクニカル分析

【オシレーター系】移動平均乖離率のシンプルな逆張りの使い方

移動平均乖離率は移動平均線と現在の株価がどれくらい離れているかを表す指標。5日線の場合±10%、25日線の場合は±20%が、売られ過ぎ・買われ過ぎのサイン。乖離している株価はいずれ移動平均線に近づくという、シンプルなテクニカル分析です。
テクニカル分析

【テクニカル指標の使い方】2本の『MACD』から相場の周期を見る

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は「MACD」「シグナル」の2本のラインから、相場の周期やトレンドの強さを見る指標です。MACDラインを下からクロスしたら買いのサイン、売りはその逆と言われます。ラインの位置関係がポイントです。
テクニカル分析

【テクニカル指標の使い方】相対力『RSI』でトレンドの強さを数値化

RSI(Relative Strength Index)はトレンドの強さを数値化した指標。設定した期間の上昇幅と下落幅の比率で計算され、70%以上が買われ過ぎ・30%以下が売られ過ぎの目安になります。しかし、強いトレンドの中では勢いが止まらない可能性ことも十分に考えられます。
テクニカル分析

【テクニカル指標の使い方】3種類の『移動平均線』で相場の流れを読む

一定期間の株価トレンドを見極める『移動平均線』。国内では短期の5日間、短中期の25日間、中期の75日間が良く使われています。直近の株価ほど重要視する計算方法もあり、移動平均線の種類や設定期間を組み合わせて分析します。
テクニカル分析

【テクニカル分析とは】チャートを極めて短期トレードで勝つ

財務状況や業績から企業の価値を予測するのが『ファンダメンタル分析』です。現状の企業価値より株価が安ければ割安株として、現状の株価より将来期待する企業価値が高ければ成長株として、株式投資で勝つために徹底的に分析をします。