テクニカル分析

テクニカル分析

【オシレーター指標】ストキャスティクスで買われ過ぎ・売られ過ぎを判断

ストキャスティクスは現在の株価が設定期間において、変動幅のどのあたりに位置するかを表すオシレーター系の指標。移動平均乖離率とかRSIと同じように、買われ過ぎ・売られ過ぎを判断することができます。
指標

【オシレーター指標】シンプルな移動平均乖離率!移動平均との距離を測る

移動平均乖離率は移動平均線と現在の株価がどれくらい離れているかを表す指標。5日線(一週間)の場合±10%、25日線(1ヶ月)の場合は±20%が、売られ過ぎ・買われ過ぎのサイン。乖離している株価はいずれ移動平均線に近づくという、シンプルなテクニカル分析になります。
テクニカル分析

【オシレーター指標】2本のMACDで見る!相場の周期とトレンドの強さ

MACD(Moving Average Convergence Divergence)はMACDライン・シグナルラインの2本から、相場の周期やトレンドの強さを見る指標。MACDラインがシグナルラインを下から上に突き抜けたら買いのサインと言われ、売りはその逆。
テクニカル分析

【オシレーター指標】RSIで逆張り!トレンドの反転を示唆するサイン

RSI(Relative Strength Index)はトレンドの強さを数値化した指標で、一般的には相場の転換点を見極めるために使われています。設定した期間の上昇幅と下落幅の比率で計算され、70%以上が買われ過ぎ・30%以下が売られ過ぎの目安です。
テクニカル分析

【トレンド指標】3つの移動平均線!テクニカル分析でトレンドの流れを見る

テクニカル分析で使われる「移動平均線」は、一定期間の株価トレンドを見極めるための指標。国内では短期の5日間、短中期の25日間、中期の75日間が良く使われています。直近の株価ほど重要視する計算方法もあり、移動平均線の種類や設定期間を組み合わせて分析します。
テクニカル分析

【株価を予測】テクニカル分析とは?チャートを極めて短期トレードで勝つ

チャートの形状やテクニカル指標から株価の動きを予測するのが「テクニカル分析」です。チャートには多くの指標や分析手法が存在し、どの手法を使うかも大事なポイントになってきます。