1.株式投資の準備

投資の勉強

【マイルール】小型株集中投資のカスタマイズ!株式投資を真似るから学ぶ

成功体験が書かれた株式投資の本はたくさんありますが、成功者の投資法をそのまま真似ても、それだけでは勝つことはできません。時代も性格もスキルも違うし、同じ手法で失敗した人も沢山いるはず。成功者の体験を参考にながら、自分なりに改善を繰り返し、独自の成功法則を見つけることが大事です。
投資の勉強

【日々鍛錬】株式投資の武器と戦略!万全を備えて負けない個人投資家に成る

株式投資の戦いは非常に長く、一発を当てて資産を築くことより、人生の最後の最後まで負けずに資産を運用し続けることが大事。その長い戦いの中では、リーマンショックのような世界的にネガティブな相場、アベノミクスのような国内的なチャンスなど、様々な状況に立たされることになります。負けない投資家になるために、自分の戦い方を変えながら、あらゆる波に逆らわずに乗り続けられる武器と戦略のバリエーションを備えておくことが大事。
長期割安株・バリュー株投資

【株を学ぶ】ゴールから考える勉強法!独学できる投資本と投資系YouTube

投資信託や米国ETF、テクニカル分析やファンダメンタル分析、初心者向けから難しそうな本まで、多くの株式投資の本が出版されていて、どれを買ったらいいか迷ってしまいます。効率よく学ぶためには、投資の先にあるゴールと自分の投資スタイルを意識したうえで、参考にする書籍やYouTubを選びましょう。
投資の種類

【口座の活用】短期・中期・長期それぞれの特性!投資と性格の相性診断

株を買ってから売るまでの期間を短期・中期・長期で分けて考えると、戦略の違いや特徴、 自分の性格に合っているかどうかなど、色んなことが見えてきます。小さな利益を狙う短期投資から、企業の成長を待ち続ける長期投資まで、同じ銘柄だったとしても全く違う結果になるのか株式投資の面白いとろとこです。
投資の種類

【安定とリターン】年利●%で増える資産!米国インデックス投資で広がる戦略

米国インデックス投資とはアメリカのNASDAQやS&P500など、市場全体の動きを表す指標に連動する投資信託への投資。アメリカには世界三大運用会社と言われるブラックロック、バンガード、ステート・ストリートがあり、米国市場で様々なインデックス系のETF(上場投信託)も取引されています。簡単に海外へ投資できる時代だからこそ、広い視野で世界全体を投資先として考えるようにしたい。
はじめの一歩

【負けない戦略】個人投資家の5つの強み!市場で対峙する機関投資家との戦い方

個人投資家は投資額も利益額も期限も自分で決めることができる、制約の少ない投資が最大の強みです。その1:自由な戦略、その2:超長期投資、その3:余力を残した投資、その4:節税リターン、その5:優待投資
はじめの一歩

【投資の得損】お金で損する挑戦しない人!お金で得する知識と行動力

日本人は周りを気にしたり嫉妬心が強く、お金持ちや稼ぐことにマイナスなイメージを持っているらしい。そして、小さなリスクでも嫌がる人が多いのも特徴。それが「株式投資をやらない理由」になっているならば、自分の考え方をちょっと変えるだけで、新しい投資への道を切り開くことができそうです。
はじめの一歩

【個人投資家の武器】株式はあらゆる投資スタイルで戦う無差別総合格闘技

株式投資は自分の資産を掛けて、あらゆる投資家がいるリングの上で、それぞれの戦い方で、持っている知識をフルに使いながら戦う総合格闘技。株式投資で勝ち残るためには、得意とする投資スタイルを勉強しながら、戦略を練って、磨いて、実践して、自分の戦い方をとことん極めること。
はじめの一歩

【投資の要】貯金・預金が勝敗を分ける!初心者でも優位に立てる資金力

経済的自由のために、老後の生活のために、家族の幸せのために…これからの時代、株式投資を始めたくても資金がなくてチャレンジできない人はたくさんいます。株式投資は「稼ぐ→貯める→投資で増やす」が道のりですが、既に銀行預金を持っている人は「稼ぐ→貯める」をショートカットできる、周りの人に比べて一歩先の優位なポジション。銀行に預金を持っている人が考えるべき次の一手は「投資で増やす」ですね。
はじめの一歩

【投資の目標】FIREの4%ルール!年間生活費の25倍の資産を目指す理由

普通に貯めていた現金を毎年4%ずつ取り崩していけば、25年間でお金はなくなってしまいます。ところが、株式50%・債権50%のポートフォリオを運用しながら、資産の4%を毎年定額で取り崩していけば、30年後に96%以上の確率で資産が残っているというトリニティ・スタディという研究結果が4%ルールです。
はじめの一歩

【初心者】株式投資の心得!小さな失敗を積み重ねて将来の利益を取る思考

株式投資は銘柄の選定や取引するタイミング、その行動するのも、結果が返ってくるのも自分です。自分で判断せずに失敗したところで、何がダメだったか分かりません。株式投資で成長するために守るべき心得は「自分で考えて自分で判断して最後は自分で決める」こと。