iDeCo

iDeCo

iDeCoの失敗しない受け取り方!節税になるのは一時金か年金か?

iDeCoは受け取る時に税金が掛かります。適用されるのは、一時金で受け取る退職金所得控除と年金で受け取る公的年金等控除。自分の受けられる控除額を知りましょう。
NISA・つみたてNISA

老後を豊かにするiDeCoと今からを豊かにするNISA

株式投資では売却益の20.315%が税金として取られますが、iDeCoもNISAもそれが非課税になります。さらにiDeCoの場合は積み立てた掛金も全額所得控除になるので、節税効果としてはiDeCoに軍配があがります。でも、一番大きな違いは、iDeCoで積み立てた資産は60歳まで引き出せないこと。このルールを良しとするかどうかは、投資の目的次第。今の生活を豊かにしたい人はNISAの方がおすすめです。
iDeCo

iDeCoの証券口座を選ぶ!老後に後悔しない2つのポイント

2001年からスタートしたiDeCoは、節税をしながら積み立てる手作り年金制度。通常の証券口座と違って、iDeCoの口座は1人につき1つしか持つことができません。どこの証券会社でも同じ共通の手数料は加入時の2829円と毎月171円。ポイントは口座管理料が安いこと。自分が投資したいと思える投資信託を取り扱っていること。この2つが大事!
iDeCo

節税効果抜群の『iDeCo』とは?今から自分で積み立てる手作りの年金

老後2000万円問題と言われるこの時代。老後の資産作りが目的なら、掛け金も運用益も非課税にしてくれる政府の手作り年金キャンペーンが確定拠出年金の『iDeCo』です。