iDeCo

iDeCo

【大前提】iDeCoの口座は1人につき1つ!失敗しない証券会社の選び方

2001年からスタートしたiDeCo「個人型確定拠出年金」は、節税をしながら自分で積み立てる手作り年金制度です。そんなiDeCo口座を証券会社を選ぶ上で、気にしておきたい大事なポイントは以下の2つ。①口座管理料が安いこと②信託報酬料の安い投資信託があること
iDeCo

【新ルール】iDeCoの年単位拠出!利用したくても躊躇する高い壁

iDeCoは基本的に毎月定額を積み立てる手作りの年金制度。2018年以降は毎月定額ではなく、毎月の拠出額を調整できるようになりました。ただ、このしくみを活用するためには面倒な障壁がいくつもあり、使えるとは言い難い状況なのが正直なところです。
iDeCo

【ルール変更】2022年のiDeCo改良!人生100年時代で増えた選択肢

iDeCoへ拠出できる掛け金の限度額は職業や公的年金・企業年金への加入状況によっても異なります。月額の目安として12,000円から68,000円と幅があるため、自分の掛け金限度額は知っておきたい。また、毎月の最低拠出額は5,000円になっています。
iDeCo

【ルール説明】毎月12,000円?職業で異なるiDeCo掛け金の限度額

iDeCoへ拠出できる掛け金の限度額は職業や公的年金・企業年金への加入状況によっても異なります。月額の目安として12,000円から68,000円と幅があるため、自分の掛け金限度額は知っておきたい。また、毎月の最低拠出額は5,000円になっています。
iDeCo

【効果抜群】iDeCoの節税メリット!自分で積み立てる手作りの年金

人生100年時代とも老後2,000万円問題と言われる今の時代。老後の備えが目的なら、iDeCoは投資の選択肢。60歳まで引き出せない制限はあるものの、掛け金も運用益も非課税になる節税メリットは魅力的。政府が推進する自分で積み立てる手作り年金です。
iDeCo

【SBI証券のiDeCo】必須!オリジナルプランからセレクトプランへの移管

SBI証券のiDeCo口座は67本の投資信託が選べる「オリジナルプラン」がありましたが、2020年12月で申込みが終了。2018年11月には信託報酬料が低く、人気の高い投資信託36本が揃った新しいiDeCo「セレクトプラン」が登場しました。
投資信託・国内ETF投資

【投資信託を選ぶ】NISA・iDecoで活躍『ONEたわらノーロード先進国』

アジア最大・日本最大の運用会社『アセットマネジメントONE』が提供する投資信託。日本国以外の先進国が投資対象となり、MSCIコクサイ・インデックス指数に連動する。多くの証券会社においてNISAやiDeCo口座でも取り扱つかわれている人気の商品。
iDeCo

iDeCoの失敗しない受け取り方!節税になるのは一時金か年金か?

iDeCoは受け取る時に税金が掛かります。適用されるのは、一時金で受け取る退職金所得控除と年金で受け取る公的年金等控除。自分の受けられる控除額を知りましょう。