投資信託・国内ETF投資

投資信託・国内ETF投資

【投資信託を選ぶ】NISA・iDecoで活躍『ONEたわらノーロード先進国』

アジア最大・日本最大の運用会社『アセットマネジメントONE』が提供する投資信託。日本国以外の先進国が投資対象となり、MSCIコクサイ・インデックス指数に連動する。多くの証券会社においてNISAやiDeCo口座でも取り扱つかわれている人気の商品。
投資信託・国内ETF投資

攻めの投資信託『iFreeレバレッジ』シリーズはレバレッジ2倍の投資!

は、投資対象となる指数に2倍の動きで連動する投資信託。つまり、通常の投信より2倍のリスク&リターンです。
投資信託・国内ETF投資

投資信託の隠れコストとは?売買手数料と信託報酬料以外に掛かる費用

購入時の『買付手数料』、運用時の『信託報酬料』、売却時『解約手数料』『信託財産留保額』以外に、運用後じゃないと手数料額が分からない『隠れコスト』があります。
投資信託・国内ETF投資

楽天証券とSBI証券の『VTI』で全米投資!投資信託と本家VTIの違い

米国ETF『VTI』を投資対象とした投資信託が楽天証券やSBI証券のVTIです。本家VTIに比べて手数料は高いけど、100円から積み立てができて、分配金再投資も手間いらずです。
投資信託・国内ETF投資

楽天証券とSBI証券の『VYM』を対象とした投資信託!本家VYMとの違い

楽天証券やSBI証券のVYMと言われている商品は、米国ETF『VYM』を投資対象にしている投資信託。本家VYMに比べて手数料も高く、分配金は再投資される違いがあります。
投資信託・国内ETF投資

リープフロッグに期待するアフリカETF!爆発的な人口増加とイノベーション

中国やインドを飛び越えて爆発的に人口が増えていく54カ国のアフリカ大陸。さらにリープフロッグで一気に発展するイノベーション。世界経済は南アジアからアフリカへ。
投資信託・国内ETF投資

中国に続く経済新興国インドETFへ投資!人口もGDP成長率も世界一位へ

米国ETF『INDA』はSBIや楽天証券で取扱が無く、投資信託は信託報酬が高め。国内ETFの『NEXT FUNDS インド株式指数・S&P CNX Nifty連動型上場信託』あたりが適当かも。
投資信託・国内ETF投資

米国株・米国ETFの配当金には二重課税!確定申告で一部を還付請求する方法

米国株の配当金や米国ETFの分配金を受け取る時に、アメリカで源泉徴収された後に、国内でも課税される。この二重課税は確定申告で還付請求することで取り戻せます。
貸株

ETFに長期投資するなら『貸株』で副収入!マザーズの貸株金利は高水準

ETFでも貸株は可能。基本は0.1%程度の貸株金利ですが、中には1%を超えるETFも。長期保有で運用しがちなETFだからこそ、貸株金利も複利効果が効いてきます。
投資信託・国内ETF投資

国内ETFが二重課税調整の対象に!海外ETFとの違いとメリット

国内ETFは日本円で買えるので為替手数料はない。取引も日本時間だし、2020年からは分配金の二重課税調整の対象に。商品数や信託報酬料は海外ETFにちょっと劣ってます。
投資信託・国内ETF投資

上場投資信託『ETF』とは?投資信託より安い手数料で米国ファンドへ投資

ETFは上場投資信託。株の同じようにリアルタイムな価格で購入します。投資信託より手数料が安く、米国指標に関連する商品も豊富。分配金再投資のしくみはありません。
投資信託・国内ETF投資

初心者に優しい『投資信託』とは?つみたてNISAで使えるプロ託す投資法

投資信託は集めた資金をプロが株や債券に分散投資をして利益を分配してくれる商品。投資家は手数料として信託報酬を払います。株と違って100円から購入できるのも魅力。