NISA・つみたてNISA

NISA・つみたてNISA

【ルール説明】新NISAの一階部分をつみたてNISAへロールオーバー

2024年からのNISAは、投資信託の一階20万円と、それ以外の二階102万円に別れます。5年間運用して満了になった一階部分に限り、つみたてNISAへ「簿価」でロールオーバー可能。まだ先の話ですが、NISA投資の選択肢として覚えておきたいポイントです。
NISA・つみたてNISA

【ルール説明】一般NISAから新NISAへのロールオーバーのしくみ

NISAは5年間の運用益が非課税になる制度。2024年からは新しいNISAへ移行しますが、一般NISAで5年間の運用を終えた資金を、新NISAへ移せるしくみがロールオーバーです。新NISAの投資枠122万円を超える金額でもロールオーバーできるのがポイントです。
NISA・つみたてNISA

【投資の選択】短中期で勝負する新NISA⇔長期で安定のつみたてNISA

2024年からNISA制度が新しくなります。新NISAは2028年まで、条件付きで毎年122万円を5年間、つみたてNISAは2042年まで、毎年40万円を20年間運用できます。どちらも運用益に掛かる20.135%の税金が全て非課税。国を挙げての節税キャンペーンです。
投資信託・国内ETF投資

【投資信託を選ぶ】NISA・iDecoで活躍『ONEたわらノーロード先進国』

アジア最大・日本最大の運用会社『アセットマネジメントONE』が提供する投資信託。日本国以外の先進国が投資対象となり、MSCIコクサイ・インデックス指数に連動する。多くの証券会社においてNISAやiDeCo口座でも取り扱つかわれている人気の商品。
NISA・つみたてNISA

2023年でジュニアNISAが終了!?ロールオーバーで非課税枠で運用継続

ジュニアNISAは2023年で廃止。でも、2024年以降はいつでも引き出せて、ロールオーバーすれば20歳まで非課税枠が使える魅力的な税制改正です。残り3年のチャンス。
NISA・つみたてNISA

2人で力を合わせれば複利の力も2倍!夫婦でつみたてNISA

つみたてNISAは年間40万円まで積み立てることができ、通常、運用益にかかる20.315%が非課税に。夫婦で2つ口座をつくれば、複利の力も節税効果も2倍!年利5%で運用できれば、20年後は元本1600万円+運用益1116万円。年間80万円積み立てるのは大変だけど、40歳からでも十分に老後に備えることが可能です。