【CFDの税金】利益20万円以下でも納税あり!税率や確定申告について

税金

CFDの税金

Question

CFDの確定申告は必要?

CFDの利益は「雑所得」に分類され「申告分離課税」の対象になります。

税率は20.315%でCFD含む雑所得が20万円以下なら確定申告は不要ですが、住民税の申告は必要です。

また、損失が出た時も損益通算や繰越控除などの制度を利用することができます。

あふろん
あふろん

CFDの利益は株の「譲渡所得」とは別で、「雑所得」の分類になるのかー。

こころん
こころん

税率はどれだけ利益があったとしても、株の譲渡所得と同じで20.315%だね。

CFDの利益に掛かる税率

所得税:15%
住民税:5%
特別復興所得税:0.315%

計20.315%

CFDの損益は雑所得としてカウントされ、利益がある場合・損失がある場合で、確定申告の必要性が変わってきます。

CFDで利益がある場合

副業含む雑所得20万円までは申告不要
給与所得がなけれは38万円までは申告不要
ただし、別途住民税の申告は必要

CFDで損失がある場合

他の雑所得との損益通算が可能
損失繰越控除あり

利益が所得上限を超えずが確定申告不要になったとしても、別途住民税の申告は必要なので注意しましょう。

あふろん
あふろん

損失が出た時は損益通算や繰越控除が使えるんだね。

仮想通貨より有利な税率

仮想通貨の場合は同じ雑所得でも「総合分離課税」になるので、最大で税率55%まで支払う可能性があります。

株式投資やCFDが税率20.315%なのは非常に有利。

また、CFDで損失が出た場合は、損益通算や繰越控除が申告できるのも大きなメリット。

今はオンラインで確定申告できる時代なので、株式投資や副業をしているならば、雑所得制限に関わらず申告しておいた方が、色々考えなくてラクかもしれません。

こころん
こころん

国税庁の説明ってどれ見ても分かりにくいよなー。

確定申告不要を鵜呑みにするな

大河内薫のマネリテ学園
2020年2月8日公開
“利益20万円以下は確定申告不要”を信じたらヤバい?よくある勘違いを税理士がわかりやすく解説!

節税と納税はきっちり

学びと体験

法律で定められた納税義務をしっかり守りながら、ルールの下できっちり節税することが大切です!

損益通算や繰越控除配当控除二重課税の還付NISAiDeCoなど、色んな制度の中で積極的に節税していきましょう。

コメント 記事に関する投稿はコチラ