信用取引の指標『信用評価損益率』とは?買い時・売り時のタイミングを探す

指標
Question

信用評価損益率って何?

『信用評価損益率』は信用買い投資家の損益状況を表す指標。毎週水曜に東証が公表する信用取引残高をベースに計算され、一般的に「-20%」が相場の底と見られています。

信用評価損益率=評価損益額÷信用買い建玉残高✕100

信用評価損益率の買い時ライン

あふろん
あふろん

信用評価損益率は信用取引をしている投資が勝ってるか負けてるか分かる指標だね。

こころん
こころん

信用評価損益率は基本的にマイナスになってるもんらしいで。

こころん
こころん

基本的にはみんな負けてる状態ってことやなー。

あふろん
あふろん

だいたい「-10%」まで下がってくると追証発生してる投資家が増えてくるらしいよ。

あふろん
あふろん

で、「-15%」から「-20%」くらいが相場の底と見られて、上昇に転じる傾向があるんだって。

こころん
こころん

信用取引で損失出した投資が投げ売ってしまったタイミングやな。

こころん
こころん

投資家としては信用評価損益率「-10%」くらいの追証ラッシュに巻き込まれないようにせんとあかんな。

「買い」の判断材料とは!?

紫垣英昭の「投資の教養」チャンネル
2020年10月6日公開
ニュースでネガティブ発言があったら買い時⁉騰落レシオ、評価損益率…「買い」を入れる判断材料を解説【初心者が株式投資で成功する5step vol.12】

本当に「-20%」が底値圏なのか?

過去の信用評価損益率を見ると、コロナショックでは「-30%」、リーマンショック時は「-40%」まで下がっています。何が起こるか分からないのが株式市場…指標は目安までに。

信用評価損益率は信用買いの損益状況

「-10%」から追証発生が増える傾向

「-20%」が底値圏⇔「0%」付近が天井圏

コメント 記事に関する投稿はコチラ