制度信用取引の空売りで発生する『逆日歩』とは?一般信用で逆日歩回避

信用取引
Question

空売りで発生する逆日歩とは?

逆日歩は制度信用取引で空売りする時に発生するコスト。空売り銘柄が不足している場合に応じて金額も変わります。また、一般信用取引で逆日歩は発生しません

逆日歩を避けて信用取引

あふろん
あふろん

逆日歩って書いて『ぎゃくひぶ』だね。

こころん
こころん

本来、制度信用の空売りは証券会社か日本証券金融株式会社とゆーとこから借りるんやけど…。

こころん
こころん

銘柄が不足して、いよいよ機関投資家から調達ってなった時に掛かかるコストが逆日歩。

あふろん
あふろん

証券会社にも日証金にも無くなってしまうくらい、空売り需要が大きい銘柄ってことだね。

こころん
こころん

この逆日歩は一般信用取引で回避できるで!

こころん
こころん

証券会社によっては一般信用の貸株料が高い場合があるから、そこは注意やけど。

あふろん
あふろん

SBI証券と楽天証券は一般信用の売り銘柄数は多いし、貸株料も制度信用と差がないからいいよね。

こころん
こころん

とにかく制度信用で空売りする時は、逆日歩で無駄なコストが掛からんように注意しよな。

空売りと逆日歩

副業投資ゼミナール
2020年6月1日公開
空売り時の逆日歩とは何かわかり易く解説!計算方法と確認の仕方も

逆日歩は見逃しがち

今まで空売りしてきた中で、逆日歩が発生したことはなかったと思います。とはいえ、たぶん…。逆日歩は発生する前に分からないので、絶対回避したい人は一般信用ですね。

逆日歩は空売り銘柄の不足で発生

一般信用では逆日歩は発生しない

逆日歩の発生は見逃しがち

コメント 記事に関する投稿はコチラ