米国ETFの『EPI』とは?未来の経済大国インドへ効率的に投資する方法

米国ETF投資
Question

EPIってどんなETF?

『EPI』はウィズダムツリー・インド収益株ファンド。国内ETFに比べて経費率も低いし、構成銘柄数は307銘柄と多い。SBI証券やマネックス証券では買付手数料無料です。

日本からインドへ投資する手段

あふろん
あふろん

経費率は0.95%とちょっと高いけど。(※)

こころん
こころん

ウィズダムツリーの米国ETF『EPI』は経費率0.84%と少しだけ割安やねん。(※)

こころん
こころん
あふろん
あふろん

運用会社がアメリカの上場企業だけあって、規模も『EPI』は860万ドルとかなり大きいしね。(※)

こころん
こころん

インド系の米国ETFって他にも色々あるんやけど、日本の証券会社で取り扱ってないねんなー。

あふろん
あふろん

一応『EPI』は1.0%程度だけど分配金あるから、確定申告で二重課税の申告は必要になりそうだね。

こころん
こころん

インドに投資する手段はまだまだ少ないけど、今のうちからコツコツ買っておくのもアリやで。

※記事更新時点

インドETFを買って4ヶ月経った結果

うぇぶりょく
2021年3月23日公開
【S&P500越え?】インドETFを購入して4ヶ月経った結果が凄すぎる

国内ETFと米国株ETFどっちを選ぶ

米国ETFの『EPI』はインドへ投資する商品としては経費率も低く、構成銘柄数も多めです。二重課税や再分配の手間を考えると国内ETFの方が楽そうだけど…運用実績次第か。

経費率や運用規模は国内ETFよりGood!

分配金は確定申告が必要

インドへ投資する商品は取り扱いが少ない

米国ETF投資
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ