【米国ETF】ブラックロックのHDV!安定重視の財務健全な企業で構成

米国ETF投資

米国ETFのHDVとは

Question

米国EFTのSPYDって何?

ブラックロック社が提供・運用するHDV(iShares Core High Dividend ETF)は、財務健全な高配当銘柄を集めた安定重視の米国ETF。

ステート・ストリート社のSPYDより少し分配利回りは低いですが、高配当ETFの中では不景気相場に強く、安定した成長が期待できるのが魅力です。

こころん
こころん

米国高配当ETFといえばVYMSPYD、HDVが御三家やで。

あふろん
あふろん

王道のVYM、変動の激しいSPYD、ディフェンシブなHDVって感じかな。

HDVの概要

商品名称:HDV
運用会社:ブラックロック
設定日付:2011年3月31日
純資産額:125億ドル
投資対象:財務健全性の高い米国高配当銘柄
組入銘柄:約75銘柄
分配利回:約3.7%
経費率:0.08%

※2022年11月18日の銘柄情報

高配当で財務健全性を重視した約70〜80銘柄で、配当利回りが高いほど多くなるように構成されています。

エネルギーやヘルスケア、生活必需品と構成銘柄のセクターもディフェンシブ。

経費率は0.08%と低コストながら、年に4回もリバランスしてくれるのも嬉しいポイントです。

こころん
こころん

配当金生活するならリスクをさは抑えて安定した分配金が欲しいもんな。

類似商品との比較

米国高配当ETFの中では純資産総額が大きくて構成銘柄も多いVYMと、分配利回りが高いSPYD

その間に挟まれているバランスタイプ・ディフェンシブな高配当ETFがHDVという印象です。

リバランスはVYMが年1回、SPYDが年2回ですが、HDVは年に4回も構成銘柄を挑戦してくれる安定感があります。

2022年11月18日の比較表
VYM・HDV・SPYDの分配金利回り比較「1年間の分配金÷前年末の基準価格」
あふろん
あふろん

米国ETFって低コストだし運用成績もイイから、どれ買うか迷っちゃうよねー。

HDVに投資している7つの理由

両学長 リベラルアーツ大学
2019年11月12日公開
第83回 【高配当ETF】高配当株マニアがHDVに投資している7つの理由【株式投資編】

米国高配当ETFの分散投資

学びと体験

米国高配当ETFに投資する時は、ある程度資産も大きくなって、配当金生活を目的にしてるはず。

より配当金を多く貰えるSPYDの比率を大きくしながら、隠し味としてHDVを少々組み込む感じかな。

いや…VYM1本でも十分かもなー。

コメント 記事に関する投稿はコチラ