【米国ETF】バンガードのVIG!10年連続増配の安定した成長と高配当

米国ETF投資

米国ETFのVIGとは

Question

米国EFTのVIGって何?

バンガード社が提供・運用するVIG(Vanguard Dividend Appreciation ETF)は、10年連続増配を続ける企業を集めた米国ETF。

分配利回りは約3.0%程度と高配当ETFには劣るものの、経費率は0.06%と低コストで、不景気にも強く安定した成長が特徴です。

あふろん
あふろん

バンガードは日本人にとっても知名度抜群の運用会社になったね。

こころん
こころん

VIGは高配当ETFのVYMHDVSPYDとはちょっと違うタイプやな。

VIGの概要

商品名称:VIG
運用会社:バンガード
設定日付:2006年4月27日
純資産額:653億ドル
投資対象:10年間以上連続増配の米国企業
組入銘柄:約289銘柄
分配利回:約2.08%
経費率:0.06%

※2022年11月22日時点の銘柄情報

分配利回りは約2.0%とそこそこですが、何より200銘柄以上の10年間以上連続増配している企業で構成されているのが最大の特徴。

純資産総額が600億ドル近くあり経費率も0.06%と低く、連続増配銘柄だからこその暴落相場での強さが強みになります。

10年以上連続増配した企業を300社近く集めるなんて、日本の銘柄では不可能なポートフォリオです。

あふろん
あふろん

日本で10年以上連続増配してるのは48社だって。

類似商品との比較

ステート・ストリート社のSDYは、VIGより歴史の古い2005年に設定された米国増配ETF。

経費率はVIGと比べても高くなっていますが、驚きなのは「20年連続増配企業で構成」しているところ。

また、バンガードのVYMは連続増配ではなく高配当銘柄を集めたETFで、0.06%の経費率で400銘柄以上の高配当企業へ分散投資できるのが特徴です。

2022年11月22日時点の比較表
こころん
こころん

とことん増配にこだわりたいならSDYってはぴったりやん。

VIGの将来の配当金

両学長 リベラルアーツ大学
2020年2月18日公開
第110回 【VIG】世界最強レベルの株式ETF。10年以上の連続増配米国株で構成【設定来リターン年8.93%】【株式投資編】

個性豊かな米国ETF

学びと体験

米国ETFは経費率が低くて優良なものが多いし、高配当や連続増配、全米への分散投資など、バリエーションも豊富で頼もしい。

株式投資の目標は「労働に縛られずに楽しく生きる人生」なので、配当金生活に欠かすことのできない高配当ETFや連続増配ETFには惹かれます。

米国ETF投資
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ