【米国ETF】バンガードのVOO!最強のS&P500に投資して資産を増やす

米国ETF投資

米国ETFのVOOとは

Question

米国ETFのVOOって何?

バンガード社が提供・運用するVOO(Vanguard S&P500 ETF)は、S&P500指数に連動することを目指している米国ETF。

同じバンガードの米国ETFとしては、米国全体3,500銘柄以上に投資するVTIに対して、主要銘柄500選に絞り込んだVOOという特徴の違いがあります。

あふろん
あふろん

S&P500はGAFAMを含む厳選された米国企業50社って感じだね。

VOOの概要

商品名称:VOO
運用会社:バンガード
設定日付:2010年9月9日
純資産額:2,493億ドル
投資対象:米国S&P500の全構成銘柄
組入銘柄:約505銘柄
分配利回:約1.69%
経費率:0.03%

※2022年11月25日時点の銘柄情報

S&P500は米国企業の中でも代表的な500銘柄を集めた指標。

そのS&P500に連動することを目指すVOOは、2012年1月3日時点で116.60ドルだった基準価格が、10年後の2022年1月3日に439.25ドルまで成長しました。

これは10年間で基準価格が3.79倍になったということ。

そこから2022年7月7日時点では351.01ドルと下げてしまいましたが、経費率が低く、成長と分配金の両方で大きなトータルリターンを狙える米国ETFです。

こころん
こころん

経費率0.03%ってことは、100万円を投資しても僅か年300円で運用してくれるってことやもんな。

類似商品との比較

S&P500を投資対象にした米国ETFは他にもブラックロックのIVV、ステート・ストリートのSPYなどがあります。

IVVもVOOと同じく経費率0.03%と低コストで、ここ5年間の分配金利回りはIVVが高くなっています。

SPYは1993年からと歴史は古く、純資産総額も大きいですが、経費率は0.0945%とVOOより僅かに高くはありますが、一般的な米国ETFの中では比較的安い方です。

2022年11月25日時点の比較表
あふろん
あふろん

まだまだGAFAMとかテスラに期待するならVOOだね。

S&P500 ETFどれがおすすめ?

BANK ACADEMY / バンクアカデミー
2020年9月10日公開
【徹底比較】VTIとVOOはどっちがおすすめ?利回りや配当、手数料など両者の違いを比べてみた

バンガードETFの安定感

学びと体験

バンガードのETFは全世界株式のVT、全米株式のVTI、S&P500のVOO。

S&P500が今までの勢いで成長し続けるのは難しいけど、GAFAMに代わる次世代の大化け銘柄がでてくる期待はあるかな。

どれもトータルリターンが期待できて、経費率も安くて安定感あり…株式投資するな知っておくべき商品ですね。

米国ETF投資
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ