【米国ETF】バンガードのVYM!高配当企業400社以上に安定の分散投資

米国ETF投資

米国ETFのVYMとは

Question

米国ETFのVYMって何?

バンガード社が提供・運用するVYM(Vanguard High Dividend Yield ETF)は、高配当と株価の値上り益の両方に期待ができる米国ETF。

約400銘柄もの高配当株へ分散投資しながらも、約3%以上の分配利回りがあるのは、株主還元意識の高いアメリカの企業だからこそです。

あふろん
あふろん

米国高配当ETFのHDVSPYDでも約75〜80銘柄程度だったからね。

こころん
こころん

VYMは高配当ETFの中でも抜群に分散が効いとるな。

VYMの概要

商品名称:VYM
運用会社:バンガード
設定日付:2006年11月16日
純資産額:509億ドル
投資対象:大型で高配当な米国企業
組入銘柄:約443銘柄
分配利回:約3.28%
経費率:0.06%

※2022年11月18日の銘柄情報

構成銘柄のリバランスが年に1回だけということもあり、経費率が0.06%と圧倒的に低コスト

そのコストで約400銘柄もの高配当銘柄へ分散投資できるというのがVYMの最大の特徴です。

FTSEハイディビデンド・イールドっていう指数に連動しており、構成銘柄からは不動産のREITが除外され、金融と生活必需品がメインになっています。

あふろん
あふろん

高配当ETFの中だと配当利回りは低めだけど、過去の実績で見るとトータルリターンは優秀だよ。

類似商品との比較

米国高配当ETFといえばバンガードのVYM、ブラックロックのHDV、ステート・ストリートのSPYDです。

不景気に強いエネルギーやヘルスケアセクターで構成しているのがHDVで、高配当(分配利回り)だけで見るとSPYDが強い。

その中でも純資産額が大きく、分散できる組入銘柄数が多く飛び抜けているのがVYMです。

分配利回りだけを見るとHDVSPYDより低くい印象ですが、VYMは2016年末に75.77ドルだった基準価格は、現在109.85ドルと5年間で1.45倍にもなっています。

2022年11月18日の比較表
VTI・HDV・SPYDの分配金利回り比較「1年間の分配金÷前年末の基準価格」
こころん
こころん

5年間の値上がり幅はHDVが1.21倍(82.25→99.52ドル)、SPYDは1.18バイク(34.86→41.12ドル)やで。

VYMとは?特徴・メリット

カミシロ投資スクール
2020年8月1日公開
VYMとは? 特徴、メリット、デメリットについて

投資目的にあったETF

学びと体験

今の生活を豊かにしたいなら配当収入が多くなるSPYDHDV、複利で資産を大きくするなら世界や米国全体に分散投資できるVTVTIかな。

配当金生活をしながら、長い目で資産も大きくしていきたいなら「VYM」は…程よくいい感じですね。

コメント 記事に関する投稿はコチラ