【毎月優待生活】2022年の優待銘柄数!日本人なら感じる株主還元の魅力

優待株生活

株主優待を実施する企業

Question

株主優待銘柄ってどれくらいある?

マネックス証券の銘柄スカウターで調べたところ、2022年2月時点で株主優待を実施している銘柄は1465社で、上場企業3875社の約38%になっています。

野村インベスター・リレーションズの調査では、2000年は600社、2010年は1000社、2020年は1500社と右肩上がりで増えてきましたが、2019年をピークに少しずつ減少しています。

あふろん
あふろん

米国株の場合は優待より圧倒的な配当金での還元だもんねー。

こころん
こころん

日本人は配当金より優待でモノが貰えたほうが、なんかお得な感じがするんやろな。

優待銘柄数は3月が最多

1年間の中で優待権利が確定する銘柄が最も多い3月は約800社、2番目が9月で約400社です。

一般的には3月に本決算の企業が多く、年2回の優待を実施している企業が多いため、3月・9月に集中しています。

逆に、1月・4月・5月・7月・10月・11月はかなり少、約30〜40社程度しか優待銘柄がありません。

あふろん
あふろん

この少ない月でも、お気に入りの優待銘柄が見つかれば、毎月優待でワクワクできるよね。

最低取得単価と長期保有制度

最低取得単価10万円未満の銘柄にも、魅力的な優待がもらえたりするので、資金が少ないうちは積極的に探していきたい。

1株持っているだけで5,000円の割引券がもらえる上新電機は、たった2,000円程度の投資で、優待を受け取ることができてしまいます。

中には、コジマのように数年間保有し続けることで、優待内容がパワーアップする長期保有制度があるなど、株式投資の楽しみ方は千差万別。

こころん
こころん

四国水族館のチケットが貰えるウエスコホールディングスとか、地域的に限定される銘柄も割と穴場やったりするで。

毎月もらう夢の優待生活

カブ主優待ライダー
2021年6月19日公開
夢の株主優待生活!毎月もらう、最強ポートフォリオ

少額投資からの優待体験

学びと体験

大阪に住んでいるのでウエスコホールディングスの四国水族館も旅行で行けたし、梅田にビックカメラもあるのでコジマも購入してみました。

こういう少額投資でも魅力的な優待であれば、長期の現物保有前提で少しずつ買い集めていくのが楽しそうです。

優待株生活
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ