株主優待をお得にもらう『つなぎ売り』とは?仕組みやメリットを知る

信用取引
Question

つなぎ売りって何?コストはかかる?

権利落ち日後に発生する株価下落を気にせず株主優待がもらえる方法同時に現物買いと空売りをして、権利落ち後に現渡し取引取引手数料と貸株料がコストになります。

つなぎ売りの仕組みと注意点

こころん
こころん

人気の株主優待銘柄って権利落ち後にめっちゃ株価下がるねんなー。

あふろん
あふろん

株主優待の価値以上に株価で損すること多いもんね。

こころん
こころん

せやから『つなぎ売り』で、株価で損せずに優待だけお得に貰っちゃうってことやな!

あふろん
あふろん

まずは、優待に必要な株数を同じだけ、同じ価格で、現物買いと信用売り注文。

あふろん
あふろん

権利落ち日を超えてから、現渡し取引すれば、株価の損益は0円で優待だけ貰えるよ。

こころん
こころん

信用売りは制度信用を使ったら、逆日歩が発生する可能性あるから危険やね。

こころん
こころん

一般信用でも貸株料はコストとして発生するし、人気のつなぎ売り銘柄は品切れになるから注意。

あふろん
あふろん

ちゃんと、発生するコストを計算して、それ以上に株主優待が欲しいかどうかを判断しないとね。

優待タダ取り!?

ニーサ教授 お金と投資の実践講座
2020年6月26日公開
【株主優待の講座】優待タダ取り!?「つなぎ売り」を知らずして優待狙いをしてはいけない!!

つなぎ売りのデメリット

つなぎ売りは現物の買付余力と、空売りに使う信用の余力も拘束されます。株式投資の最終目標はFIREなので、優待は欲しいけど、その期間に成長株へ投資できないのは本末転倒。

つなぎ売りでお得に優待を貰う

掛かるコストと優待の価値を比較

株式投資の目的は忘れずに

コメント 記事に関する投稿はコチラ