【ルール変更】2022年のiDeCo改良!人生100年時代で増えた選択肢

iDeCo
Question

2022年のiDeCoの変更点は?

一番大きなメリットは受給開始年齢が75歳まで選べるようになったこと。余裕がある人は非課税でより長く運用できます。また、属性に限定されますが加入可能年齢が5年延長されて65歳未満になったこと。iDeCoの活用機会が広がる改良です。

変更点①:受給開始時期の延長
 60歳〜75歳の期間を任意で選択
 受給開始までは非課税で運用可

変更点②:加入可能年齢の拡大
 65歳未満まで加入可能
 会社員・公務員の第2号被保険者が対象
 国民年金任意加入者も対象

変更点③:加入条件の緩和
 企業DC加入者でもiDeCoに加入可能
 マッチング拠出の企業DC加入者は対象外

人生100年時代のiDeCo計画

あふろん
あふろん

受給開始年齢が75歳までになったのは、その時の資産状況によって選択肢も増えるからありがたいよね。

こころん
こころん

加入可能年齢も条件付きで65歳未満まで拡大したし、今回はiDeCoの活用範囲が広がった改正やな。

あふろん
あふろん

60歳まで引き出せないのがデメリットだけど、掛金も運用益も節税になるメリットは大きいもんね。

あふろん
あふろん

20歳から始めたら最大45年間拠出できるし、その後75歳までの両機関の運用益も非課税ってゆーのが凄い。

こころん
こころん

つみたてNISAでも最大20年間の運用やから、圧倒的に複利の力が使えるのはiDeCoやろなー。

あふろん
あふろん

企業DCに加入者の条件も緩和されたし、政府のもっと活用して欲しい気持ちが伝わってくるね。

あふろん
あふろん

ただ、iDeCoは毎年拠出できる金額は人によって違うし、目的によってNISAと使い分けないといけないかな。

こころん
こころん

日本の少子化も年金問題もまだまだ続くから、これからもiDeCoがお得になる改正に期待したいな。

iDeCoのチャンス拡大

つみたてシータ
2021年4月13日公開
【40代50代は必見】2022年法改正でiDeCoのチャンスが拡大します!【会社員にも朗報】

複利の力は凄い

20歳から64歳までiDeCoで積み立てながら、年利5%で運用できたならば、資産は元本の3.75倍まで大きくなる計算。例えば毎月1万円ずつ積み立てるだけで、45年後には元本540万円、運用益が1,486万円になり、資産は2,026万円になります。老後2,000万円問題クリアです。

2022年に加入年齢の拡大と受給開始時期の延長

企業DC加入者も条件緩和

最大45年の拠出・55年の運用ができる複利の力

iDeCo
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ