【目的別】今の生活を豊かにするNISA!老後の安心を作るiDeCo

NISA・つみたてNISA

つみたてNISAとiDeCo

Question

つみたてNISAとiDeCoによる投資目的の違いは何?

iDeCoもつみたてNISAと同様に毎月一定額を積み立てることができ、最大で75歳までの運用益が非課税となりますが、年金制度のため60歳まで引き出すことができません

子供の学費や家族旅行、いざという時の保険を目的とするなら、いつでも必要な時に使えるつみたてNISAから投資を始めることが理想です。

あふろん
あふろん

つみたてNISAは投資、iDeCoは年金制度ってことね。

こころん
こころん

せっかくの税金優遇制度は使わないと損やで。

つみたてNISAの概要

株式投資では売却益の20.315%を税金として納めなければいけませんが、iDeCoもNISAもその税金が免除される制度です。

つみたてNISAは毎年最大40万円まで積み立て投資ができ、20年間の運用益が非課税になります。

職業や年収に関係なく、20歳以上であれば誰でも口座を持つことができるのもメリットで、夫婦なら毎年40万円✕2口座の積み立てが可能です。

あふろん
あふろん

毎月33,333円って頑張れば何とかいけそうなちょーどいい金額かも。

iDeCoの概要

iDeCoも毎月積み立てる方式ですが、拠出できる掛け金の限度額は職業や公的年金・企業年金への加入状況によっても異なります

掛金も全額控除になるので、つみたてNISAに比べても節税効果は抜群。

しかし、積み立てた資産については60歳まで引き出せないことが、iDeCoの一番大きなデメリットです。

こころん
こころん

このデメリットは若ければ若いほどキツイよな…。

目的によって使い分け

老後の安心が目的であれば、60歳までは引き出すことはでぎせんが、節税効果の高いiDeCoがおすすめ。

しかし、配当金生活やFIREを目指したり、60歳までに使う目的があるならば、いつでも現金化することができるつみたてNISAを選ぶべきです。

つみたてNISAで投資をしながらも、まだ資金に十分余裕があるならば、iDeCoにも積み立てるという流れが良いかと思います。

あふろん
あふろん

流動性の高い資産を持っておく方が融通が利くしねー。

iDeCoよりNISAを選ぶ理由

お金の勉強窓口のHANAさん
2020年12月16日公開
イデコとは(個人型確定拠出年金)?運用メリット・デメリットを解説【iDeCoでなくnisaを選ぶ理由】

おさらい

iDeCoは掛け金も全額所得控除になる節税効果の高い制度ですが、60歳まで積み立てた資金を引き出すことができないため、まずはつみたてNISAから始めた上で、資金に余裕があるならiDeCoにも拠出していく流れがおすすめです。

コメント 記事に関する投稿はコチラ