老後を豊かにするiDeCoと今からを豊かにするNISA

NISA・つみたてNISA

iDeCoとNISAの違い

株式投資では売却益の20.315%が税金として取られますが、iDeCoもNISAもそれが非課税になります。さらにiDeCoの場合は積み立てた掛金も全額所得控除になるので、節税効果としてはiDeCoに軍配があがります。

でも、一番大きな違いは、iDeCoで積み立てた資産は60歳まで引き出せないこと。このルールを良しとするかどうかは、投資の目的次第。今の生活を豊かにしたい人はNISAの方がおすすめです。
こころん
こころん

iDeCoは節税になるけど、基本は自分で積み立てる年金制度やからなー。60歳までは使えないのが辛いよなあ。

あふろん
あふろん

積み立てる掛金も所得控除になるし、運用益も非課税だから、節税メリットは大きいんだけどね。

こころん
こころん

NISAなら5年間、つみたてNISAなら20年間が非課税範囲やけど、いつでも現金化できるからな。

こころん
こころん

他の銘柄に乗り換えたり、不動産投資に資金を回したり、投資スタイル変えれるんもNISAのメリットやと思うで。

あふろん
あふろん

結婚や子供の学費でお金がいるし、必用な時に使える資産じゃないと、豊かな生活とは言えないもんね。

あふろん
あふろん

やっぱり、今使えるお金が増えていく余裕は欲しいな。

こころん
こころん

NISAをやってもまだ資金に余裕があるなら、iDeCoもやればええってことやな。そんな余裕はないけど..。

あふろん
あふろん

どっちも節税効果は抜群だし、複利の力もしっかり使える、国のお得なキャンペーンだから使いたいよねー。

こころん
こころん

株式投資をやってるなら、NISAかつみたてNISA口座はつくる余裕が出てきたらiDeCoやな。

iDeCoよりNISAを選ぶ理由

お金の勉強窓口のHANAさん
2020年12月16日公開
イデコとは(個人型確定拠出年金)?運用メリット・デメリットを解説【iDeCoでなくnisaを選ぶ理由】

やっぱり今からの生活を豊かにしたい

転勤をキッカケに企業型確定拠出年金をiDeCo口座へ移管しました。今は掛金拠出してないけど、元本190万円が290万円になってます。60歳まで使えなくても気持ちはホクホクです。

つみたてNISAは、夫婦2口座で積み立て中。人生何が起こるか分からないから、いつでも現金化できる資産は持っておきたい。本当はiDeCoもやりたいけどお金が足りない..。

老後のiDeCoか今のNISAか
必用な時に使えるかどうかが大切
余裕ができたら両方やる

コメント 記事に関する投稿はコチラ