節税効果抜群の『iDeCo』とは?今から自分で積み立てる手作りの年金

iDeCo
Question

確定拠出年金のiDeCoって何?

老後2000万円問題と言われるこの時代。老後の資産作りが目的なら、掛け金も運用益も非課税にしてくれる政府の手作り年金キャンペーンが確定拠出年金の『iDeCo』です。

iDeCoのメリットは節税効果

あふろん
あふろん

自分で積み立てる年金なら非課税にしてくれる、2001年から始まった制度が『iDeCo』だね。

こころん
こころん

サラリーマンって節税するチャンスがなかなか無いから、『iDeCo』で節税もできるのは魅力的やな。

こころん
こころん
あふろん
あふろん

一応、受け取る時だけは税金が掛かっちゃうから、自分に合った受け取り方法を選ぶのがポイントかな。

こころん
こころん

60歳までお金は受け取れないところが『iDeCo』の最大のデメリット。

あふろん
あふろん

今のお金を効率的に増やしたい人は株式投資、老後のために資産を作っておきたい人は『iDeCo』って感じだね。

こころん
こころん

政府が実施している『iDeCo』とか『NISA』みたいな制度を知っとくだけで、資産運用の選択肢は増えるもんな。

iDeCoのメリットとデメリット

両学長 リベラルアーツ大学
2021年2月15日公開
第173回 【2022年からほぼ全員対象】iDeCoは老後資金問題の解決策になるのか?よくある質問6つに回答【株式投資編】

60歳まで資金が拘束されるiDeCo

今は掛け金を拠出しない「運用指図者」としてiDeCoの口座を運用してます。節税になるとはいえ、やっぱり60歳まで資金が拘束されるのは厳しい。今は、株式投資が楽しいから!

iDeCoは自分で積み立てる手作り年金

節税メリットは大きい

積み立てたお金は60歳まで受取れない

コメント 記事に関する投稿はコチラ