個人投資家の5つの強み!株式投資を成功させる近道を知って戦術を立てる

心構え
Question

個人投資家の強みは何?

機関投資家は人のお金で、決まった期限までに目標の利益が必要。個人投資家は投資額も期限もゴールも自分が決める。その制約の少ない投資が最大の強みになります。

その1:自由な戦略
その2:超長期投資
その3:余力を残した投資
その4:節税リターン
その5:優待投資

個人投資家の強みはフル活用

あふろん
あふろん

機関投資家は組織だから、戦略も承認が必要になって、自分の考えだけでは売買できないもんね。

あふろん
あふろん

決まった期間で目標の利益を出さないといけないから、保有する期間も限られるし。

こころん
こころん

自分の戦略通りに長期でも短期でも、自由に取引できるのは個人投資家最大の強みやな。

こころん
こころん

機関投資家は投資効率も大事やから、余力を残した戦略が取れるのも個人投資家ならではやで。

あふろん
あふろん

何より株式投資の目的は人それぞれだから、機関投資家とガチンコ勝負する必要もないし。

こころん
こころん

積み立ての長期インデックス投資も、優待目的の銘柄選びも機関投資家にできない戦略やな。

こころん
こころん

NISAとかiDeCoの制度を使って利益を増やせるのも個人投資家だからこそやし、フル活用せんと。

あふろん
あふろん

プロや機関投資家と同じ土俵で戦わなくても、投資の目的に合わせて自由な戦略で戦うのが大事だね。

庶民の資産運用特権TOP3

両学長 リベラルアーツ大学
2021年7月26日公開
【負けない人は知っている】個人投資家ならではの強み3選【株式投資編】:(アニメ動画)第116回

機関投資家とガチンコ勝負

今は中長期の小型成長株投資なので、機関投資家とガチンコ勝負状態…。これでは強みを活かしきれてないし、本当はキャッシュポジションを残しつつ買い時を工夫すべきですね。

個人投資家の強みを活かす戦い方

株式投資の目的に合わせた自由な戦略

個人投資家用の制度はフル活用

コメント 記事に関する投稿はコチラ