【お金の教育】子供に残したい投資の知識!楽しさと大切さを伝える方法

投資教育
Question

投資の経験から子供に教えたいことは?

我が子に残したい株式投資の楽しさと大切さ。この2つは自分の経験と結果で、子供が成人するまでに伝えていきたい。小さな時から株主優待や配当金を身近に感じてもらうために、株式をプレゼントする。親子で投資について話せる環境づくりが大切ですね。

投資の大切さと楽しさを伝える方法

こころん
こころん
こころん
こころん

全世界株式で年利4.8%の計算やけど、65年間の複利の破壊力はバツグンやな。

あふろん
あふろん

年利0.01%の銀行に65年間貯金しても6240円しか増えないし、日本がインフラだったら資産的にはマイナスだもんね…。

こころん
こころん

自分の子供にも複利でこれだけお金が増えるって教えたいし、そこから投資の大切さも感じて欲しいな。

あふろん
あふろん

お小遣いの代わりにETFの分配金で渡してあげると、資産収入を身近に感じてくれたりするかな。

こころん
こころん

ETFじゃなくても、小さいときならお菓子が貰えるような優待銘柄とかなら喜んでくれそう。

あふろん
あふろん

なんにしても、小さな時から配当金とか優待が身近にあったら、親子で話すキッカケになるからいいかもね。

あふろん
あふろん

そのうち、自分でお年玉とかを積み立てて、お小遣い運用するような子供になってくれたらいいなー。

子供への最高の贈り物

両学長 リベラルアーツ大学
2021年2月18日公開
【お金の教育】大切な子どもが「お金で苦労しない」ためにできること【お金の勉強 初級編】:(アニメ動画)第58回

ジュニアNISAという選択肢

ジュニアNISAは税制改正で2023年末までとなりました。2024年以降は自由に引き出せたり、ロールオーバーの上限額が撤廃される改案です。息子に投資信託をプレゼントするなら、ちょうどいい非課税口座になりそう。親子で一緒に投資の話ができるのは何年後かなー。

伝えたい投資の大切さと複利の力

配当金や優待で身近に投資を体感してほしい

子供のためのジュニアNISA

投資教育
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ