攻めの投資信託『iFreeレバレッジ』シリーズはレバレッジ2倍の投資!

投資信託・国内ETF投資
Question

投資信託のiFreeレバレッジシリーズとは?

大和アセットマネジメントの『iFreeレバレッジ』シリーズは、投資対象となる指数に2倍の動きで連動する投資信託。つまり、通常の投信より2倍のリスク&リターンです。

●iFreeレバレッジ NASDAQ100
●iFrerレバレッジ S&P500
●iFrerレバレッジ FANG+
●iFrerレバレッジ NASDAQ次世代50
●iFrerレバレッジ ATMX+

レバレッジが活きるのは上昇局面だけ

こころん
こころん

少額でも2倍のレバレッジで投資できるのが、大和アセットの『iFreeレバレッジ』シリーズやな。

あふろん
あふろん

NASDAQやS&P500は最近伸び続けてるから、レバレッジを掛けると大きな利益が狙えそうだよね。

こころん
こころん

もちろん、下落したときの損失も大きいけどな。

こころん
こころん

1日の動きに対して2倍の動きをするから、横ばいのレンジ相場だと損失になるケースもあるで。

あふろん
あふろん

レバレッジ型の投資信託は信託報酬料も高いし、長期的に保有し続けるのはリスクありそうだなー。

こころん
こころん

メリットは上昇局面でリターンが大きいことと、メジャーな米国指数に100円から投資できること。

あふろん
あふろん

次にリーマンショックやコロナショックみたいな暴落があった時に、短中期で積み立てたいかなー。

こころん
こころん

確かに、買い時を間違えたら横ばい相場と信託報酬料で資産を削られてしまうもんな…。

iFreeレバレッジ NASDAQ100

【投資家】ぽんちよ
2021年7月16日公開
【S&P500を圧倒】最強指数NASDAQ100におすすめ投資信託・ETF【徹底比較】

待ち続けることも戦略

コロナの経済対策もありNASDAQやS&P500の成長は凄まじく、今からレバレッジ2倍の投資は心配。この投資信託があることを知りつつ、次のチャンスを待つのも戦略と思ってます。

iFreeレバレッジは指数に対して2倍動く

信託報酬料は高く横ばい相場にも弱い

次の投資タイミングを待つことも戦略

コメント 記事に関する投稿はコチラ