【投資信託】SBIのVYMで米国高配当株へ投資!楽天VYMや米国ETFとの違い

投資信託・国内ETF投資

SBIのVYM

Question

投資信託の概要や特徴、他の類似商品との違いって何?

SBIアセットマネジメントが運用する「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」は、米国ETFの「VYM」を投資対象にしている投資信託

本家VYMに比べると手数料(信託報酬率)は少し高くなりますが、ETFではなく投資信託になるため、分配金は再投資される違いがあります。

あふろん
あふろん

本家VYM はバンガード社が運用する、米国の高配当企業410銘柄に分村投資できる高配当ETFだね。

こころん
こころん

その 本家VYMを主要な投資対象としてる投資信託がコレやな!

投資信託の概要

商品名称:SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド
運用会社:SBIアセットマネジメント
設定日付:2021年6月29日
資産総額:約52億円
投資対象:VYMに準ずる(大型で高配当な米国企業)
組入銘柄:VYMに準ずる(約410銘柄)
分配利回:分配金再投資
信託報酬:0.1238%
信託報酬+隠れコスト:–%

※2021年6月15 日交付目論見書
※2021年11月30日月次レポート

2021年6月29日から運用開始された投資信託なので、資産総額はまだ小さく、隠れコストなどは明らかになっていません。

ただ、同じくVYMが投資対象になっている「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」の隠れコストは0.063%程度なので、恐らく「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」も同じようなコストになると予想できます。

あふろん
あふろん

本家VYMの経費率も信託報酬に掛かってくるから、手数料は少し高くなっちゃうね。

類似商品との比較

後発になる「SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド」だからこそ、「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」より低い経費率で勝負しています。

本家VYMの手数料(経費率)は0.06%と超低コストであり、ETFなので分配金再投資のしくみはなく、定期的に分配金を受け取る運用になることが大きな違いです。

SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド

銘柄種別:投資信託
運用会社:SBIアセットマネジメント
設定日付:2021年6月29日
資産総額:約52億円
分配利回:分配金再投資
信託報酬:0.1238%
信託報酬+隠れコスト:未定

銘柄種別:米国ETF
運用会社:バンガード
設定日付:2006年11月16日
純資産額:412億ドル
分配利回:約3.50%
経費率:0.06%

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド

銘柄種別:投資信託
運用会社:楽天投信投資顧問
設定日付:2018年1月10日
資産総額:約49 億円
分配利回:分配金再投資
信託報酬:0.192%
信託報酬+隠れコスト:0.255%

こころん
こころん

米国ETFの分配金は確定申告で還付請求するのがめんどくさいねんなー。

※記事更新時点

SBI・VYMが誕生!

BANK ACADEMY / バンクアカデミー
2021年6月5日公開
【注意:分配金なし】SBI・VYMが誕生!本家VYMや楽天VYMと特徴や手数料などを比較してみた

投資信託のメリット

学びと体験

投資信託のメリットを挙げるなら「少額から積立可能」「分配金の自動再投資」「二重課税の確定申告不要」

経費率は本家の米国ETFに負けてしまいますが、それでも投資信託に十分魅力はあると思っています。

コメント 記事に関する投稿はコチラ