【失敗しない買い時】雑誌の推奨銘柄では遅い!割安を待ち続ける長期投資

長期割安株・バリュー株投資

割安株の買い時

Question

割安株の買い時はいつ?

長期割安株投資・バリュー投資は本来価値のある企業を、割安な価格で買って、正常な株価に戻るまで持ち続けるスタイルです。

人より一歩先に買うために、キラリと光る価値ある企業を探しておいて、日々株価をウォッチしておけば、一時的な急落・暴落が割安株投資の買い時になります。

こころん
こころん

長期投資だとトレード回数が少なくなるから、買い時は勝負を決める数少ないチャンスやで。

あふろん
あふろん

いかに日頃からたくさんの銘柄をチェックしておくかも大事だよね。

買い時の失敗パターン

雑誌やYouTubeで取り上げられた銘柄は、注目されて後だと株価が上がってしまうので、買い時としては手遅れ。

他の個人投資家と同じことをしていても勝てないし、情報戦ならプロや期間投資家の方が有利です。

機関投資家が大きな資金でガンガン攻めているなら、個人投資家としては限られた資金を持って割安になるまで待ち続ける。

雑誌やYouTubeの情報を頼るのではなく、自分が割安になったと判断したタイミングこそが、周りの情報に流されて失敗しないための買い時になります。

こころん
こころん

靴磨きの少年の話しと一緒やな。

理想的な買い時を掴む方法

理想的な買い時を掴むには割安になるのを待つこと。

日頃から買いたい銘柄をお気に入り(ウォッチリスト)に登録しておいて、自分が割安だと判断する株価になったら通知が来るように設定しておく。

目を付けている銘柄が割安な株価まで下がってくれるとは限らないけど、候補銘柄をたくさん登録しておけば、それだけ買い時が見つかる可能性も高くなります。

あふろん
あふろん

相場全体が暴落する●●ショック後に余力を持ってるかどうかの勝負かな。

バフェットのポートフォリオで学ぶ

つばめ投資顧問
2020年8月17日公開
【脱・投資初心者】買い時・損切り・利食いの正解は?利益を出しやすくする方法を投資顧問が徹底的に解説。バフェットのポートフォリオを見れば一目瞭然!

待つことが苦手な人

学びと体験

価値ある銘柄を割安で買って成長する限り持ち続ける長期投資は、リスクも小さく大きな資産を築けるというのは納得です。

ただ、私は多少のリスクがあって資産変動する投資に楽しみを感じる性格なので、買い時を待つことも、保有し続ける長期投資も苦手です。

長期間保有し続ける投資は、つみたてNISAに任せていっさい口座を見ず、日頃は短期投資用の口座でトレードで楽しむことにしています。

コメント 記事に関する投稿はコチラ