【オシレーター系】移動平均乖離率のシンプルな逆張りの使い方

テクニカル分析
Question

移動平均乖離率って何?使い方は?

移動平均乖離率は移動平均線と現在の株価がどれくらい離れているかを表す指標。5日線の場合±10%25日線の場合は±20%が、売られ過ぎ・買われ過ぎのサイン。乖離している株価はいずれ移動平均線に近づくという、シンプルなテクニカル分析です。

●移動平均乖離率の計算式
 (株価−移動平均値)÷移動平均値✕100

●売られ過ぎサイン
 5日線の移動平均乖離率が−10%以下
 25日線の移動平均乖離率が−20%以下

●買われ過ぎサイン
 5日線の移動平均乖離率が+10%以上
 25日線の移動平均乖離率が+20%以上

ボリンジャーバンドとの違い

あふろん
あふろん

ボリンジャーバンドも移動平均線からの乖離具合を見る指標だよね。

こころん
こころん

ボリンジャーバンドの場合は標準偏差を見てるから、値動きが激しい時はバンドは広がっていくで。

あふろん
あふろん

移動平均乖離率は単純に株価の乖離だけ見てるから、値動きの激しさは判定に関係ないってことだね。

あふろん
あふろん

だから、移動平均値との差がどれだけあるかのシンプルな計算式なのか。

こころん
こころん

売られ過ぎな状態は買い時ってゆー考え方やから、レンジ相場で成果がでそうな指標やな。

こころん
こころん

あとは、機関投資家が仕掛けてきてもやられんように、時価総額も出来高も大きな銘柄の方がええよな。

あふろん
あふろん

逆にトレンドの強い相場だったら、買われ過ぎ状態でも勢いで上昇し続ける可能性あるから注意!

こころん
こころん

オシレーター指標を逆張りで使うときは、損切りをシナリオに入れとかんとアカンな。

移動平均線から乖離した株は勝てる?

証券アナリスト西村剛の日経平均分析チャンネル
2021年3月16日公開
移動平均線から乖離した株は勝てる?【株初心者必見!】

レンジ相場とトレンド相場

レンジ相場だとある程度株価の変動幅が安定しているから移動平均乖離率が向いてそうだし、トレンド相場の場合は株価の勢いに準じて広がっていくボリンジャーバンドがいい気がする。銘柄や相場によって、分析の仕方も変えないと勝つのは難しそうです。

株価と移動平均値の乖離を数値化した指標

何日線を使うかでシグナル判定は違う

銘柄や相場に応じて分析方法も変える

コメント 記事に関する投稿はコチラ