【相場の流れ】5月に売って9月に市場へ戻る「セル・イン・メイ」

相場
Question

セル・イン・メイってどんな意味?

セル・イン・メイは「Sell in May and go away. But remember to come back in September」というアノマリー(理論で説明できない規則性)。5月に高値をつけやすく、8月に底になる傾向があるから「5月に売って9月に戻ることを忘れるな」ですね。

株式市場が賑やかになる9月

あふろん
あふろん

セル・イン・メイはイギリス発祥の言葉なんだって。

こころん
こころん

今はアメリカでも日本の株式市場でもアノマリーとして認知されてるよな。

こころん
こころん

5月に売れ!は「5月まで上がってきた相場が6月から調整に入りやすい」ってことか。

あふろん
あふろん

6月から調整期間に入って、また9月から上昇相場になるから「9月に戻ってこい」だね。

あふろん
あふろん

「8月は夏枯れ相場」とも言うし、相場的には9月から盛り上がってくる感じなのかな。

こころん
こころん

確かにここ最近の国内相場は年末にかけて上昇傾向が強い気がするなー。

あふろん
あふろん

5月に売れ!って言われても、4ヵ月間も投資を中断するのは待ち切れないよね…。

こころん
こころん

調整相場ってゆーアノマリーを知りながら、現金保有率とか売買タイミングの参考にできれば十分やな。

株は5月に売れは本当なのか?

【投資家】ぽんちよ
2020年4月28日公開
「株の売り時は5月!」(Sell in May)」は本当なのか?S&P500とTOPIXで過去40年間検証

株は夏場に準備

5月から調整相場に入って、9月から年末にかけて上昇傾向にあるなら、秋口からどれだけ勝負できる資金を持っているかは大事ですね。逆に夏場に負けて、秋に資金がなければ負のループ。気持ち的には夏の内に資金を蓄えることを意識しとこうかな。

5月に売って9月に戻れ

5月から調整して9月から上昇

夏のうちに資金を蓄える

コメント 記事に関する投稿はコチラ