iDeCoの失敗しない受け取り方!節税になるのは一時金か年金か?

iDeCo
Question

iDeCoを受け取る時の注意点は?

iDeCoは受け取る時に税金が掛かります。適用されるのは、一時金で受け取る退職金所得控除年金で受け取る公的年金等控除。自分の受けられる控除額を知りましょう。

iDeCoの受け取り方は一時金と年金

こころん
こころん

iDeCoは受け取る時に税金が掛かるんかー。

あふろん
あふろん

iDeCoを一時金でまとめて受け取る時は退職金扱いになるから、退職金控除額がどれくらいかだね。

あふろん
あふろん

勤続年数が20年未満は40万円×勤続年数、20年以上なら800万円+(70万円×勤続年数)までは非課税。

こころん
こころん

なるほど…毎年少しずつ年金として受け取る場合は?

あふろん
あふろん

65歳未満は雑所得か60万円まで、65歳以上は110万円までは非課税だよ。

あふろん
あふろん

他の公的年金もiDeCoも合わせての金額だから注意ね。

こころん
こころん

退職金控除のギリギリまで一時金で受け取って、残りを年金として受け取ると税金少そうやな。

あふろん
あふろん

iDeCoの総額とか他の公的年金収入にもよるけど、そこは自分の数値で計算しないと分からないね。

iDeCo最強の受け取り方

両学長 リベラルアーツ大学
2021年6月11日公開
第191回 【有料級】複雑怪奇のiDeCoで「賢くお金を受け取る方法」を完全解説【株式投資編】

金融リテラシーの高いおじいちゃん

iDeCoの受け取り方を知らないと税金は高くなります。労働収入がなくなったら、金融資産の収入に頼るしかない。投資も節税も、金融リテラシーの高いおじいちゃんになりたい。

iDeCoの受け取り方で節税

退職金所得控除と公的年金等控除

自分の数字で計算

コメント 記事に関する投稿はコチラ