成長株狙いの『NISA』と資産を築く『つみたてNISA』はどっちも節税!

NISA・つみたてNISA
Question

NISAって何?

NISAは毎年120万円で5年間つみたてNISAは毎年40万円を20年間。運用益に掛かる税金は通常20.135%のところ、この期間は全て非課税に。国の節税キャンペーンです。

NISAをやらない理由はない

あふろん
あふろん

『NISA』と『つみたてNISA』は投資できる金額も期間も違うけど、投資できる対象も違うんだよね。

こころん
こころん

『NISA』は株式・投資信託・ETF・米国株と色々あるけど、『つみたてNISA』は投資信託だけやな。

こころん
こころん

それでも、20年間も複利の力を使えるなら『つみたてNISA』の方が節税効果はでそうなきがする。

あふろん
あふろん

毎年40万円ってのも無理せずちょうどイイ感じだしね。

こころん
こころん

3~5年の中長期トレードで成長株を狙うなら『NISA』を使うのもありやな。

あふろん
あふろん

この『NISA』は2024年から2階建て方式になって、ややこしくなっちゃったのが残念…。

あふろん
あふろん

どっちにしても『NISA』か『つみたてNISA』、どっちかの口座は作っておきたいよね。

こころん
こころん

このお得な制度は使わんかったら、毎年ただただ非課税枠が消えていくだけやからな。

どっちのNISAがおすすめ?

BANK ACADEMY / バンクアカデミー
2020年7月24日公開
【徹底比較】一般NISAとつみたてNISAはどっちがおすすめ?両者の違いを比べてみた【2020年版】

つみたてNISAの20年間の破壊力

つみたてNISAで毎年40万円を積み立てて、年利5%で運用できれば、20年後には元本800万円+運用益558万円だから112万円も免税されます。複利の力は凄いし節税効果も抜群ですね。

NISAはお得な税金優遇の国策キャンペーン

コツコツ派ならつみたてNISA

NISAかつみたてNISAどっちかはやる

コメント 記事に関する投稿はコチラ