【SBI証券】iDeCoなら絶対にセレクトプラン!オリジナルプランからの移管

小型成長株・グロース株投資

セレクトプランへの移管

Question

SBI証券のiDeCoセレクトプランって何?

2018年11月からは信託報酬料が低く、人気の高い投資信託36本が揃った新しいiDeCo「セレクトプラン」が登場しました。

既にSBI証券のオリジナルプランでiDeCo口座を持っている人は、移管手続きをすることでセレクトプランへ切り替えが可能です。

あふろん
あふろん

セレクトプランの方は新しくて人気の高い投資信託が揃ってるからね。

こころん
こころん

オリジナルプランのまま放置しとくメリットはないよなー。

オリジナルプランの廃止

SBI証券のiDeCo口座は67本の投資信託が選べるオリジナルプランがありましたが、2020年12月で申込みが終了しています。

2018年5月1日に施行された確定拠出年金法等の一部改正によって、取り扱い銘柄数を35銘柄以下まで減らさなくてはいけなくなりました。

オリジナルプランで取り扱っていない新しい銘柄に対応するために、SBI証券では新しくセレクトプランが登場しました。

NISAやiDeCoが登場してから、信託報酬料が安い優良な投資信託ごどんどん登場しているため、新しい投資信託に対応しているセレクトプランがおすすめです。

あふろん
あふろん

銘柄が多過ぎたら利用者が迷うから何とかしなさい…ってゆー政府のお達しかな。

セレクトプランへの移管をお勧め

新しいセレクトプランでは、信託報酬料の低い「eMAXIS SlimシリーズやSBI・VTの「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」への投資が可能になりました。

オリジナルプランからの移管手続きは、SBI証券のサイトからセレクトプランへの変更届を請求して申し込みをすれば、約2〜3ヶ月で移管完了管です。

移管中は保有していた銘柄を売却し、その期間は運用はできません。

移管の手数料も無料ですし、少しでも信託報酬料の低い投資信託に切り替えるなら、早く手続きをしておきたい。

こころん
こころん

iDeCoは60歳までの超長期投資になるから信託報酬料が安い銘柄にしておきたいもんな。

オリジナルプランとセレクトプラン

じょにぃちゃんねる
2019年6月3日公開
SBI証券 iDeCo(確定拠出年金)オリジナルプランとセレクトプラン | プラン変更の資料請求しました

セレクトプランへ移管完了

学びと体験

恥ずかしながらセレクトプランが登場してからしばらくの間、その存在に気付かず、2021年にようやく資金の移管が完了しました。

移管するには運用中の銘柄を一時的に現金化する必要があるため、世界的に市場が荒れているこの期間で手続きするのも良いタイミングかも知れません。

コメント 記事に関する投稿はコチラ