【最大の試練】誰もが悩む損切りのタイミング!今から備える善後策

リスク管理

損切の善後策

Question

人より上手く損切りをするために準備しておくことは?

株式投資をしている以上、やらなきゃいけないと分かっていても難しい損切りのタイミング。

普段から保有株以外で次に投資したい有望株を見つけておくことが、今すぐにできる大切な備えになります。

こころん
こころん

次に投資したい銘柄がなかったら、もう少しだけ持っておくか…ってなりがちやもんな

あふろん
あふろん

買付余力があってもなくても銘柄探しは大事だね。

精神的に負担を取り除く

損を確定させる「損切り」なんて、誰も積極的にやりたくないし、精神的にも強い抵抗が生まれます。

損を確定するのではなく、もっと期待できる新しい銘柄へ乗り換えるという気持ちになれば、精神的なハードルは1段も二段も下がります

その為には普段から次の有望株を探して、買いたい銘柄リストとしてストックしておきたい。

こころん
こころん

銘柄分析は勉強にもなるし、初心者な時ほど役に立ちそうやな。

損切り回数の積み重ね

最初は有望株リストを使いながらでも、損切りを繰り返していけば、少しずつ心の抵抗も小さくなってきます

最終的には損切りの回数が経験値。

損切のタイミングと目的

銘柄を購入する時に描いたエントリーシナリオが、崩れた時が損切のタイミングになります。

理想のシナリオだけじゃなく、最悪のシナリオも考えておくことが大前提。

その最悪なシナリオをも超えて損する危険を防ぐことと、次の成長銘柄を買い逃さないようにすることが、損切の大事な目的です。

こころん
こころん

エントリーシナリオが崩れた銘柄へ持ってるだけでと色んなチャンスを失ってるってことか…。

暴落に備えて今からできること

中原良太
2021年3月3日公開
株暴落で儲けるために、今からできること

おさらい

普段から次に投資したい銘柄を探し、有望株リストをストックしておくことが、精神的なハードルを下げて、人より上手く損切りができる秘訣です。

リスク管理
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ