【プライム市場】昇格銘柄を狙うイベント投資!小型成長株のおいしい特権

イベント投資

昇格銘柄とは

Question

昇格狙い投資って何?

2022年4月4日から東証市場が再編され、東証一部に代わってブランド価値を高めようとしているプライム市場。

プライム市場へ上場すれば投資家からの期待も集まるし、市場変更を発表する前の銘柄を狙っていくのが昇格狙い投資です。

あふろん
あふろん

発表自体がポジティブに見られてるから、東証一部の時も株価は上がる傾向が強かったもんね。

こころん
こころん

チャンスを逃さないためにも、市場変更を発表する前の銘柄を先回りしたいよな。

昇格銘柄の株価が上がる理由

東証一部だった頃は、市場変更した銘柄は翌月末営業最終日にはTOPIXへ組み入れが実行されていた為、TOPIXをベンチマークにしているインデックスファンドの買いが入っていました。

また、個人投資家達もインデックスファンドを先回りしようと先回りしていた傾向。

2022年の東証再編によって、TOPIXの組入条件は新しい基準へ変わったので、プライム市場への昇格=TOPIXへの組入れによる株価上昇が期待できるわけではありません。

とはいえ、プライム市場の指数に連動するファンドも増えてくるはず。

市場昇格を発表した時にどのような株価の動きをするのか、どのタイミングで上がりやすいのか、イベント投資して成立するのか、このあたりに注目していきたい。

こころん
こころん

ファンドが買いを入れるという実態と、それを期待する個人投資家の思惑で株価が動くもんね…。

昇格銘柄の狙い方

昇格するためにはプライム市場への上場基準をクリアしなければならず、主なところでは、株主数は800人以上、流通株式時価総額100億円以上、流通株式比率35%以上などがあります。

業績面では売上高100億円以上、時価総額1,000億円以上、直帰2年間の利益合計が25億円以上など。

そのため、立会外分配や優待拡充などで株主数・流動株式数を増やそうとしている企業は、市場昇格を狙っている可能性があります。

また、中期経営計画や決算説明の中で「●●年以内にプライム市場への昇格を狙う」と明言している企業もあります。

昇格するぞするぞとアピールしている企業であれば、予想が折り込まれてしまい、昇格を発表しても株価が反応しないかもしれません。

あふろん
あふろん

小型成長株に投資してたら昇格のチャンスも多いで。

実戦での投資手法

Sho’s投資情報局
2020年10月20日公開
【株投資】短期間で利益を得る方法。市場変更銘柄とマザーズ銘柄の動向に注目。テクニカル分析で勝率アップ!!機関投資家のインデックス買いを利用。【日本株】

昇格銘柄を掴むも勝てず

学びと体験

マーケットエンタープライズ(3135)が2021年2月9日に東証一部へ市場変更が承認され、翌日は2,110円だった株価が2,217円に上がったのに…翌週の決算発表で株価急落。

そこから、2ヶ月後には1,500円前後まで下がりました…大きな期待は禁物ですね。

確かに数年前から立会外分配を実施するたびに東証一部への昇格を宣言していたので、十分に折り込み済みだったのかもしれません。

コメント 記事に関する投稿はコチラ