【昇格切望】鞍替え銘柄を狙うイベント投資!小型成長株のおいしい特権

イベント投資

鞍替え銘柄とは

Question

鞍替え銘柄のイベント投資ってどんな手法?

東証二部やマザーズ、JASDAQ市場から、東証一部へ市場変更をする鞍替え銘柄

2022年4月4日からは新しい市場に変わり、グロースやスタンダードからプライム市場への変更が鞍替え銘柄の定義になりそうです。

大きな市場へ変更することで、投資家からの期待も集まり、発表されるだけで株価が値上がりするなど、ポジティブなイベントとして捉えられているのが鞍替えの傾向です。

あふろん
あふろん

東証一部へ市場変更しそうな銘柄を狙うのが、鞍替銘柄のイベント投資ってことだね。

こころん
こころん

チャンスを掴むためにも、市場変更を発表する前の企業を先回りして買ってときたいよな。

鞍替え銘柄の株価が上がる理由

鞍替えによって東証一部へ昇格した銘柄は、TOPIXに組み入れられるため、TOPIXをベンチマークにしているインデックスファンドの買いが入り、株価が上る傾向にあります。

東証一部へ市場変更した銘柄は、翌月末営業最終日にTOPIXへ組み入れられるため、投資家はそのタイミングを狙って先回りします。

こころん
こころん

ファンドが買いを入れるという実態と、それを期待する個人投資家の思惑で株価が上がるのか…

2022年の市場改変

2022年からの東証市場はプライム・スタンダード・グロースの3つの区分に変わります。

それにより、これまで東証一部のすべての銘柄が組入対象になっていたTOPIXの条件も、市場区分に関係なく新しい基準へ変わるため、プライム市場への鞍替え=TOPIXへの組入れによる株価上昇が期待できるわけではありません

それでも、上位の市場へ鞍替えするということは、投資家の注目も集まりやすく、機関投資家の対象にもなることで、株価が強くなる傾向は変わらないと思っています。

こころん
こころん

新市場になってから鞍替え発表した銘柄の株価には注目やな。

鞍替え銘柄の狙い方

東証一部やこれからのプライム市場には上場基準があり、鞍替えするためには少なくともその基準をクリアしている必要があります。

そこで、市場変更を考える企業は株主数・流通株式数を増やすために、立会外分配や優待拡充を実施する傾向があるため、鞍替え銘柄を探すヒントにはなるかもしれません。

みごと鞍替え銘柄を掴んだとしても、その予想が折り込み済みだったり、企業の業績がイマイチで、思ったように株価が動かないケースも十分に考えられます。

鞍替え銘柄を的中させることも難しいため、鞍替え銘柄のイベント投資としては成長の過程に市場変更もあるくらいの考え方で、勢いのある小型成長株を探すことが一番効果的なのかもしれません。

あふろん
あふろん

少なくても既に東証一部にいる銘柄は、鞍替えの恩恵は絶対に受けられないもんね。

実戦での投資手法

Sho’s投資情報局
2020年10月20日公開
【株投資】短期間で利益を得る方法。市場変更銘柄とマザーズ銘柄の動向に注目。テクニカル分析で勝率アップ!!機関投資家のインデックス買いを利用。【日本株】

鞍替銘柄を掴むも勝てず

鞍替え銘柄は東証一部やプライム市場へ市場変更することで、ジャンドや投資家の注目も集まり株価を押し上げるチャンスになりますが、銘柄を予測することも難しく、成長過程に市場変更もありうるような勢いのある小型成長株へ投資することが一番効果的です。

コメント 記事に関する投稿はコチラ