【裏ワザ】信用口座限定!楽天証券で売買手数料を『無料』にする方法

信用取引

手数料を無料にする方法

Question

100万円以上の売買取引でも手数料無料になる裏技とは?

楽天証券の「いちにち定額コース」では、1日あたり現物取引100万円までは取引手数料『無料』になっています。

そして、楽天証券の信用取引「いちにち信用」なら50万円以上の信用買いで手数料無料です。

つまり、楽天証券なら「いちにち信用」で50万円以上を信用買いして、その信用建玉を当日中に「現引き」すれば、手数料無料で現物が手に入ります。

あふろん
あふろん

信用口座は開設しておく必要あるけどね。

こころん
こころん

あと、当日中に「現引き」しないと無駄に手数料かかるから注意やで。

裏ワザを利用する時の注意点

楽天証券は信用取引の「いちにち信用」なら50万円以上で手数料無料、信用建玉の「現引き」も手数料無料なので、これらを組み合わせて手数料無料で現物を手に入れる裏ワザです。

注意するポイントとしては、いちにち信用は50万円以下の取引だと1.80%の金利・貸株料が掛かってしまうこと。

また、「いちにち信用」で強制決済になると、オペレーター取次手数料が取られてしまうので、絶対に当日中の現引注文を忘れないようにしたい。

あふろん
あふろん

現引注文できる買付余力がある時じゃないとダメだね。

SBI証券の可能性

SBI証券でも「アクティブプラン」なら、1日あたり現物取引100万円までは取引手数料『無料』です。

そして、信用取引の「日計り信用」は売買手数料無料で、50万円以上なら金利・貸株料が無料、もちろん現引き取引の手数料も無料です。

楽天証券と同じカラクリが使えそうな気がします。

こころん
こころん

なんか色々気にするところはあるけど、知ってるとうまく使える裏技やな。

楽天証券の裏技公開

株の買い時を考えるチャンネル
2021年1月28日公開
楽天証券ユーザー必見!手数料無料になる裏ワザ

裏ワザの利用シーン

学びと体験

メインは楽天証券を使っているし、信用口座も開設してますが、まだこの裏ワザを利用したことはありません。

というのも、保証金率そこそこまでレバレッジをかけているので、現引きできる余力もなく…。

リスクの高い状態であることは理解してますが、早く余力のある株式投資ができるようになりたい

信用取引
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ