【終了間近】ジュニアNISAは2023年まで!ロールオーバーで非課税運用継続

NISA・つみたてNISA

ジュニアNISAの廃止

Question

2023年にジュニアNISAが廃止された後はどうする?

ジュニアNISAは2023年で廃止されることが決まっています。

ジュニアNISAの口座に積み立てた資産は、2024年以降ならいつでも引き出せるようになるので魅力的な廃止(税制改正)。

さらに、今すぐ現金が必要な家庭でなければ、ロールオーバーすることで20歳まで非課税運用を継続できます。

あふろん
あふろん

今までは20歳まで引き出せないとルールだったけど、いつでも引き出せるようになるのはありがたいよね。

こころん
こころん

受験とか学費で必要になるかもしれんしな。

2023年までのジュニアNISA

ジュニアNISAの口座開設・新規投資は2023年12月31日まで可能です。

ジュニアNISAは年間80万円が上限なので、これから口座を開設する人でも、2022年・2023年の2年間積み立てることができれば160万円。

積み立てた資産の非課税運用期間は5年ですが、ロールオーバーの手続きをすれば、20歳までは運用が継続でき、その運用益はもちろん非課税になります。

あふろん
あふろん

20歳まで非課税で運用できたら、かなり複利の力が活きてくるもんね。

2024年以降のジュニアNISA

2023年までに160万円を積み立てて、年利5%で15年間の運用ができれば、約2倍の320万円になります。

本来の株式投資なら、運用益160万円に対して20.315%の約32万円を税金として納めなければいけませんが、それが全額非課税に。

ジュニアNISAから継続管理勘定へのロールオーバーは申請の手続きが必要になるので、証券会社の申請方法をチェックしておきましょう。

こころん
こころん

岸田政権になって金融課税の話も出てるから、こういった非課税枠は少しでも確保しときたいよなー。

何歳までなら始めるべき?

BANK ACADEMY / バンクアカデミー
2021年5月8日公開
【よくある質問】ジュニアNISAは何歳までなら始めるべき?18歳まで非課税運用する際のロールオーバーも解説!

我が子への贈り物

学びと体験

息子が生まれた時から3年間、学資保険に加入していましたが、今年解約を決めました。

解約をしてジュニアNISA口座で運用した方が、明らかに資産が大きくなるという算段で。

大学進学の学費に使うか、独り立ちの餞別にするか、我が子が投資を学ぶキッカケにするか…ジュニアNISAの使いどころは十分にありそうです。

コメント 記事に関する投稿はコチラ