企業の業績と財務の情報が満載!年4回刊行される会社四季報

ツール

企業辞典の会社四季報

会社四季報は東洋経済新報社から1年に4回発行される、企業分析や業績予測、株式投資に役立つ情報が満載の書籍です。情報が満載過ぎて本の厚みが凄い。

他にも主な株価指標や財務指標、配当情報、株主構成まで載ってます。特に専門家の予測やコメントは四季報独自のものだからこそ、読んでおきたいポイントです。
あふろん
あふろん

会社四季報って百科事典並に分厚い本だよね。

こころん
こころん

2000ページくらいあるらしいで。1冊にめちゃくちゃ情報が詰まっとるな。

あふろん
あふろん

持ってるだけで株式投資の達人っぽくみえる(笑)

あふろん
あふろん

最近はネットやアプリで色々情報集められるのに、会社四季報は根強い人気があるよね。

こころん
こころん

四季報の見どころは、東洋経済新報社の記者が徹底取材して書いているコメント欄

あふろん
あふろん

これは、四季報オリジナルだもんね。

こころん
こころん

特に見出しの決り文句は注目やな。

こころん
こころん

あとは、四季報の業績予測と企業が出してる予測を見比べてみるんもええかも。

あふろん
あふろん

四季報の予測の方が高くなってたら、そのうに企業が上方修正するかもってことね。

こころん
こころん

どっちの何を信頼するかやけど、そうゆー見方をしていくと会社四季報も面白いな。

危ない会社の見分け方

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
2021年3月20日公開
【危ない会社の見分け方①】あなたの会社は良い会社?危ない会社?(Fundamental Analysis)

中田敦彦のYouTube大学 – NAKATA UNIVERSITY
2021年3月21日公開
【危ない会社の見分け方②】就職・転職・投資に役立つ会社の基礎知識(Fundamental Analysis)

四季報もオンラインの時代

会社四季報は3ヶ月に1回しか発行されないけど、オンラインは毎日更新されるので情報の鮮度が高い。あの分厚い本を買うことを考えると、オンラインはありがたいです。

ただ、四季報で掘り出し銘柄を探そうとするなら、機能制限のない有料プラン必須なんだろうな。ベーシックプランでも月額1000円とまあまあするので、今は手を出してません。

会社四季報は企業情報満載の本
四季報記者独自のコメントに注目
毎日更新の四季報オンライン

コメント 記事に関する投稿はコチラ