【指数の活用】セクター・ローテーションのトレンドを業種別株価指数で見る

セクターローテーション

業種別株価指数とは

Question

業種別株価指数って何?

東京証券取引所が33業種の株価を集計して指数化したものが「業種別株価指数」です。

この33本の指数をチャートに重ねて表示することで、各業種のトレンド(セクター・ローテーション)が見えてきます。

あふろん
あふろん

次に盛り上がる業種を見極めて資金を投入していくのがセクター・ローテーションだね。

こころん
こころん

アメリカの投資家ジム・クレーマーが戦略として使ってるやつやな。

業種別株価指数の表示見る

東証の33業種の「業種別株価指数」をチャートに表示するなら、分析ツールの「TragldingView」が最適です。

33業種のチャートを重ねて表示すると、このようにどの業種が調子良いのか・悪いのか一目瞭然。

こころん
こころん

保有銘柄のセクター動向を見ておくだけでも、買い時・売り時の参考になりそうやな。

セクター・ローテーションを考える

業種別株価指数の他にも、国内ETFには17業種の商品があるため、証券アプリのお気に入り銘柄に登録しておくだけでも、参考になるかもしれません。

国内株に限らず、景気循環の流れの中で、次に好調になる業種へ先回りすることで、勝率と資金の回転率を上げる戦略は同じ。

アメリカの場合は11業種に分けられていますが、景気や各業種の状況をウォッチしておくことで、米国株でも同様にセクター・ローテーション可能です。

あふろん
あふろん

セクターローテーションを使いこなせる熟練の投資家になりたいねー。

次にくるセクターを先取り

草食系投資家LoK Re:
2021年1月8日公開
株式投資 セクターローテーションってなに?次に狙い目のセクターは?投資の勉強

業種以外のローテーション

学びと体験

資金の回転率を高めるセクター・ローテーションは株式投資として凄く大切。

セクターだけでなく、次に盛り上がる国へ資金を回していくのも戦略のひとつです。

国内株式に限定しないように視野を広く投資したい。

コメント 記事に関する投稿はコチラ