【裏の道】優待銘柄の空売りイベント投資!配当金調整額と逆日歩に注意

イベント投資

権利付最終日の空売り戦略

Question

人気の優待銘柄を権利付最終日に空売りしたら勝てる?

人気の優待銘柄は権利付最終日に向かって徐々に株価を上げていき、権利付最終日を過ぎると一気に株価は下落する傾向があります。

だから、権利付最終日に空売りして、翌営業日に買い戻す「優待銘柄の空売りイベント投資」

優待投資や配当金目当ての逆張り戦略となり、手堅く勝てそうな感じもありますが、逆日歩や配当金調整額でマイナスになるケースも多いです。

あふろん
あふろん

狙い通り株価が下がっても、逆日歩と配当金調整額がそれ以上かかると意味ないもんね。

こころん
こころん

空売りやから少しでも株価が割高になってる時に仕込んでおきたいよな。

期待できるリターン

株主優待や配当金狙いの個人投資家が多い銘柄は、権利付最終日が過ぎたら売却する人達が多いので、株価が一気に下がるというしくみです。

そのため、「優待銘柄の空売り」は、権利付最終日の前に空売りしておき、権利付き最終日の翌営業日以降に買い戻すことで、株価の差額で利益を取ることを狙います。

一般的に株価が下がる値幅は、優待内容や配当金の同額程度と言われているため、投資の前から期待できるリターンが予測できるのも、このイベント投資のメリットです。

こころん
こころん

過去のチャートから、権利付最終日に大きく値下がりしている銘柄を見つけないとね。

空売りイベント投資の注意点

人気の優待銘柄になればつなぎ売りをする個人投資家も多くなり、空売り用の株式が不足するため、制度信用取引で空売りをすると逆日歩というコストが発生する可能性があります。

また、配当金を出している銘柄については、空売りをすると配当金調整額を支払わなければいけません。

制度信用の場合は配当金から所得税15.315%を引いた額、一般信用の場合は配当金額がそのまま配当金調整額になります。

こころん
こころん

なるほどー、一般信用の場合は逆日歩は発生しないけど、配当金調整額はちょっと高いのか。

権利日に空売りした時の注意点

株の買い時を考えるチャンネル
2021年3月27日公開
株を権利日に空売りする場合の注意点 (逆日歩と配当落ち調整金に注意)

空売り銘柄の探し方

配当金を出していない(配当金調整額が発生しない)株主優待銘柄を狙うのも戦略です。

2021年8月のクリエイト・レストランツ・ホールディングスで空売りイベント投資した時は、逆日歩や貸株料、売買手数料を差し引いても十分にプラスになりました。

コメント 記事に関する投稿はコチラ