【夢を現実に】小型株分散投資でテンバガー!小粒な10倍成長株の可能性

小型成長株・グロース株投資

小型株分散投資とは

Question

小型株分散投資とは?抑えておきたいポイントと魅力

テンバガーの可能性を秘めた複数の小さな企業へ、資産を振り分けて成長を見守る小型株分散投資。

長続きするビジネスモデルを持つ企業へ、投資の資金が小さくても極力たくさんの銘柄に分散しておくのがポイント。

大きなリスクに振り切った小型株集中投資と違って、いくつかの銘柄に分散することで、リスクを抑えつつもテンバガーを掴みにいく投資スタイルです。

あふろん
あふろん

小型株の分散投資はあまり聞いたことないよね。

こころん
こころん

10銘柄の内、1銘柄でもテンバガーになれば、資産2倍になるってことやもんな。

テンバガーの達人

13年間で2.5億円の資産を築いたサラリーマン投資家の愛鷹さんは、60銘柄以上ものテンバガーを掴んでいる憧れの達人です。

新しくて長続きするビジネスモデルに注目し、優待や配当など株主還元意識の高い銘柄を成長するまで気長に持ち続けるのが愛鷹さんの投資スタイル。

常に入金は続けてるらしいけど、それでも13年で2.5億円にしてきた投資方法は興味が沸きます。

あふろん
あふろん

60社以上のテンバガー経験から何かしらヒントを盗みたいよね。

分散と配当金の魅力

リターンが小さくなってしまう分散ですが、その分散の数だけテンバガーに巡り会える確率が高くなります。

小型株なのに優待や配当に積極的な企業は、それだけ株主への還元意識があって、成長に合わせて増配の喜びも感じられる魅力。

そして、複数の銘柄を保有するということは、それだけ決算発表やサプライズイベントの機会も増え、株式投資を楽しむ時間が多くなるということ。

こころん
こころん

卵は一つのカゴに盛るな!やな。

働きながら2.5億円をつくる

1UP投資部屋
2021年4月30日公開
【テンバガーコレクター】分散投資で億を稼いだ男登場!どのように資産を築いてきたのか解説!愛鷹

1UP投資部屋
2021年5月2日公開
【投資手法】あなたもマネできる!働きながら2.5億円を作った手法を徹底解剖!愛鷹【後編】

テンバガーを狙うドキドキ感

学びと体験

2020年までは小型株集中投資を実践しつつ、短期間で資産が5倍になったこともありましたが、少し相場が崩れると一気に元の資産額まで戻されてしまいました。

一攫千金を狙い過ぎて失敗しがちな自分としては、分散投資でリスクを抑えながらもテンバガーの夢見ながら毎日ワクワクできるこの投資スタイルが、凄く性格に合っている気がします。

コメント 記事に関する投稿はコチラ