【短期投資】株のスイングトレードのコツを知る!数日間で売買完結

短期投資・デイトレード
Question

スイングトレードってどんな投資?

短期投資の中でも数日〜数週間で売買を完結させるスイングトレード。かなり短期間なのでファンダメンタル分析よりテクニカル分析が重視されています。特に購入時のシナリオをしっかり持って、シナリオが崩れたら損切りを徹底することが大切です。

割安株の逆張りを狙う

あふろん
あふろん

スイングトレードは数日〜数週間で売買を完結して、小さな利益を積み重ねていく投資だね。

こころん
こころん

デイトレードより長めの短期投資やな。

あふろん
あふろん

保有期間が短いからすぐに株価が上がってくれる銘柄を探すのがポイントになりそうだよね。

あふろん
あふろん

一時的に株価が下がって割安になってるバリュー投資がいいかも。

こころん
こころん

割安株ってことはPERが15倍以下だったり、PBR1倍以下の銘柄ってことやな。

こころん
こころん

あと、一時的に株価が下がってるかどうかは「移動平均乖離率」か「RSI」で判断できそうやん。

あふろん
あふろん

数週間たっても結果がでなければ損切り、適正な株価に戻ったら利確みたいに売り時が明確なのがいいね。

こころん
こころん

不祥事や業績低迷中の銘柄を割安株と勘違いして買わないようにだけ注意やな!

スイングトレードで儲かった手法

中原良太の「株式予報」
2020年12月2日公開
株のスイングトレードで儲かった手法とやり方2つ

短期投資と中長期投資の二刀流

メインは小型成長株で企業の成長を待ち続ける投資スタイルなので、リスクは大きいとはいえ、売買機会は少なく物足りなく感じてしまう時はあります。なので、短期投資を織り交ぜることで、物足りなさを解消しつつ、成長期待株を売ってしまわないようにしています。

数日〜数週間で売買を完結

割安株とスイングトレードは好相性

短期投資と中長期投資の二刀流

コメント 記事に関する投稿はコチラ