【テクニック】10倍株を探すスクリーニング!達人の4つの条件+α

小型成長株・グロース株投資

オーナー経営の勢いは強い

Question

10倍株を見つけるスクリーニングの条件は?

渡辺清二さんの『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』では、以下の条件で未来の10倍株を探しているそうです。

4年で売上2倍
営業利益率10%以上
オーナー経営
上場5年以内

こころん
こころん

10倍株・100倍株の探し方って、魅力的なタイトルやな!

あふろん
あふろん

四季報の読み方が随所に書かれていて、四季報への愛が色んなとこから伝わってくるね。

会社四季報の達人が教える探し方

渡辺清二さんの4つの条件は、業績が伸びていて(①)効率良く稼ぐ力があり(②)事業の意思決定が早く(③)可能性と勢いのある企業(④)と理解しました。

遠藤洋さんの『10万円から始める!小型株集中投資で1億円』紹介されている8つの条件にも共通する部分があります。

この4つの条件でスクリーニングをしたうえで、各企業のビジネスモデルや中長期経営計画、社長の魅力や将来性を見比べながら、10倍株になる確率の高い銘柄を見極めていきます。

こころん
こころん

会社四季報2018年1月号の『10年前比較ランキング』によると、10倍株の約80%がオーナー・同族経営なんやって!

10倍株を狙う+αの条件

直近の10年間で10倍株が多かった業種は情報通信業、次に小売業、サービス業です。

また、2008年のリーマンショックから2020年の12年間で、10倍以上に達したことがある銘柄は839社もあり、その8割超が時価総額100億円以下の企業だったようです。

10倍株であればリスクを承知の上で、さらに2つの条件を加えておきたい。

時価総額100億円未満
情報・通信

あふろん
あふろん

やっぱりオーナー企業の社長になると、熱量も行動力も、意思決定の早さも、パワーが違うのかな。

スクリーニングしてみた結果

聞いて分かる投資教室
2021年2月3日公開
四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方でスクリーニングした結果

小型株でも分散投資

学びと体験

この「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」というタイトルに惹かれ、その日にKindleで購入しました。

タイトルはイケイケですが、渡辺清二さんは本の中で20銘柄への分散を勧めてます。

10倍株を狙うこと自体、ある程度リスクは大きくなってしまいますが、一か八かではなく、リスクを分散しながらも10倍株を狙っていく投資が私の理想です。

コメント 記事に関する投稿はコチラ