【分析ツール】無料で使えるTradingView!豊富な指標とチャート表示

ツール

TradingViewとは

Question

TradingViewってどんなツール?

チャート分析がメイン機能になっている「TradingView」ですが、実はアメリカ企業のTradingView Inc.が投資家向けのSNSとして提供しているサービス。

80種類以上のインジケーターが標準搭載されていて、オリジナルの指標が作れたり、チャート上に表示して分析ができるなど、投資家定番のツールです。

こころん
こころん

クラウド型のブラウザアプリやから、保存したチャートをPCでもスマホからでも見れるのも便利!

あふろん
あふろん

無料でここまで多機能なツールはレアだよね。

多機能なチャート分析

テクニカル分析に使われるような移動平均線からボリンジャーバンドRSIMACD移動平均乖離率ストキャスティクスなど。

標準搭載されているインジケーターは80種類以上とかなり豊富で、さらにダウンロードして使える公開ライブラリもあります。

複数のチャートを重ねて表示できる機能もあるので、各銘柄の相関関係・成長率の違いなどを分析したり、セクターのローテーションを視覚的に判断できるのも便利。

もちろん、株式だけじゃなく、FXも仮想通貨も、あらゆる金融商品のチャートに対応しています。

こころん
こころん

業種別株価指数を重ねて表示したら、どのセクターに流れがきてるのか見えるで。

無料プランでも十分に活用

無料プランでは保存できるチャートが1つ表示できるインジケーターが3つまでといった一部の機能に制限があります。

とはいえ、標準搭載されている全てのインジケーターが利用できるのは素晴らしいポイント。

有料プランは14.95$の「PRO」、29.95$の「PRO+」、59.95$の「PREMIUM」と3種類あり、どれも広告は非表示になります。

保存できるチャート数やインジケーターの表示数、アラート本数、同時アクセス端末数など、利用ケースに応じて有料プランを選択しましょう。

あふろん
あふろん

無料プランは広告表示があるから、ヘビーユーザーになれば有料プランへ切り替えかな。

TradingViewの使い方 基礎編

草食系投資家LoK Re:
2020年5月1日公開
株式投資入門 チャートツール TradingView(トレーディングビュー)の使い方 基礎編 株式投資の勉強【草食系投資家LoK】

まだまだチャート分析初心者

学びと体験

こんな定番ツールとは知らず「TradingView」は去年から使い始めたテクニカル分析初心者です。

中長期で成長する小型株に投資することが多いので、企業分析で「銘柄スカウター」の方が使いがちだったりします。

ツール
この記事をTwitterで投稿する
1分で読める 株式投資初心者の道しるべ

コメント 記事に関する投稿はコチラ