【ルール説明】新NISAの一階部分をつみたてNISAへロールオーバー

NISA・つみたてNISA
Question

新NISAの一階ロールオーバーって何?

2024年からのNISAは、投資信託の一階20万円と、それ以外の二階102万円に別れます。5年間運用して満了になった一階部分に限り、つみたてNISAへ「簿価」でロールオーバー可能。まだ先の話ですが、NISA投資の選択肢として覚えておきたいポイントです。

新NISAの条件付きロールオーバー

あふろん
あふろん

新NISAからつみたてNISAへロールオーバーできる方法があったんだ。

こころん
こころん

新NISAの一階部分だけってゆー条件だけどね。

こころん
こころん

しかも、5年間でどれだけ運用益が出てても『簿価』の20万円でロールオーバーできるんやって。

あふろん
あふろん

もし30万円のロールオーバーできても、その年のつみたてNISAは20万円の枠が残ってるってことかぁ。

あふろん
あふろん

合わせて50万円をつみたてNISAで20年間運用できるから、複利の力がもっと活きてくるよね。

こころん
こころん

つみたてNISAは40万円しか投資枠がないから、新NISA口座で運用した人だけが使える戦略やな。

あふろん
あふろん

資金に余裕があるなら、2028年まではNISAで運用して、2029年からつみたてNISAへ切り替える方法も選択肢かも。

あふろん
あふろん

まだまだ先の話しだけど、このロールオーバーをしたい人は2028年に手続き方法を調べるのを忘れないようにしないとね。

超初心者向けロールオーバーとは

BANK ACADEMY / バンクアカデミー
2021年7月27日公開
【要チェック】新NISAが2024年からスタート!税制改正による変更点を解説

短期集中か長期の複利か

一階部分で20万円の投資信託に投資しつつ、二階部分で個別株投資を全力で楽しめるのが、新NISAの魅力ですね。たとえ個別株がうまくいかなくても、一階部分がその後のつみたてNISAに繋がると思えると、2つの楽しみ方でリスクも分散できそうな新NISAです。

新NISAの一階は20万円の投資信託

一階部分はつみたてNISAへロールオーバー可能

新NISAはリスクも分散されて個別株も楽しめる

コメント 記事に関する投稿はコチラ